« こうさぎのつぶやき | トップページ | 潮干狩り(こうさぎ) »

サーバOSの更新

Blogのタイトルにあるくせに、pcunix系の記事を全然書いていなかった(ある意味、意図的ではあったのだけど)。
さて、今、ウチにある自宅サーバは、3台のノートPCで動かしている。

1) Mainサーバ: TOSHIBA Dynabook SatellitePro 420CT (Pentium 100MHz, 40MB Memory)
FreeBSD 4.9-RELEASE-p10

2) Subサーバ: IBM ThinkPad 230Cs (i486SX 25MHz, 20MB Memory)
NetBSD 1.6.2

3) WWWサーバ: IBM ThinkPad 230Cs (i486SX 25MHz, 20MB Memory)
Debian GNU/Linux 3.0r1(Woody)

1)は、自宅LAN環境のローカルなDNS, mail(smtp, pop3), samba(WINS) として運用している。
2)は、まあSubということにしてあるけど、特にコレといった特定の用途がないままでほったらかし状態。
3)は、とりあえず、thttpdで自宅WWWサーバということにしてある。

それで、1)のサーバのOSの更新(-p10から-p11)を行っているが、本当は、4.10-RELEASEにUpgradeしたほうがよいのかもしれない。4.9のメンテナンス終了予定日は、2004年10月31日となっているので、obsoleteになる可能性高い。しかし、buildworldするともう半日~1日仕事なので、寝る前に流しておく。kernelは面倒だから再構築せずに、GENERIC_LAPTOPを不要なdeviceだけ無効化して使っている。

これが終わったら、portupgrade もしておこう。

|

« こうさぎのつぶやき | トップページ | 潮干狩り(こうさぎ) »

「自宅サーバ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/1161334

この記事へのトラックバック一覧です: サーバOSの更新:

« こうさぎのつぶやき | トップページ | 潮干狩り(こうさぎ) »