« 夏もそろそろ終わり? | トップページ | サーバOSの更新(こうさぎ) »

お金と愛情

もう、あちこちのブログでも取り上げられてますが、ニッセイの企業広告「愛する人のために~改札篇~」、私も、先日たまたま観てしまい、ぐーっとココロの奥がぐじゅぐじゅになりそうに。まぁ、お膳立てがあまりに、狙いすぎという気もしますが、谷川俊太郎の詩(というか、コピー?)をプロジェクトXの田口トモロヲが語るバックを「ニュー・シネマ・パラダイス」が追い討ちをかけると、もう、これでグッときてしまう。

>「愛情」を「お金」で購う(あがなう)ことはできない、けれど、「お金」に「愛情」を込めることはできる

このメッセージ、目に見えないものの価値を量るには、何を指標・基準・単位にしたらよいのだろうか、という疑問にひとつの道すじを示してくれるような気がした。価値とは、与えられるのではなくて、与えるものじゃないかと。

今回のものは、「~改札篇~」とあるので、続編もありそうです。つぎはどんなアプローチで、お金に価値を与えてくれるでしょうか。楽しみデス。

|

« 夏もそろそろ終わり? | トップページ | サーバOSの更新(こうさぎ) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

このCMの新作「愛する人のために ~柱篇~」が、お正月期間集中放映されるようです。実際、今日(1/1)ニューイヤー駅伝を見ていたら、聞き覚えのあるメロディーが流れてきたので、よく観たら、この新作でした。前作同様、ニッセイのサイトにビデオストリーミングがアップされているので、見逃した方はこちらのページからどうぞ。
「愛する人のために ~柱篇~」
http://www.nissay.co.jp/kojin/present/cm/hashira/index.html

投稿: Invoke(本人) | 2005/01/01 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/1280935

この記事へのトラックバック一覧です: お金と愛情:

« 夏もそろそろ終わり? | トップページ | サーバOSの更新(こうさぎ) »