« CCCD化の波が止まる? | トップページ | ユニバーサルデザインと多面体 »

愛の特質 (characteristic of love)

ふと、一昨日出席した従弟の結婚式で牧師(たぶんプロテスタントだったと思う)さんが話した、定番の件(くだり)の英語ってどんなんだっけと、興味をひいたので調べることにした。本当は、高校の時に学生全員に日本ギデオン協会から贈呈された新約聖書があったので(英語訳と日本語訳の対照つき)、それを探したのだけれど、見つからなかった。

そんなワケで、いつものごとく、ググッた。まず、「愛は寛容である」で、聖書の中のどの手紙だったか探す(たしかコリント人への手紙だとはあたりはつけていた)。この時ついでに章と節もわかったので、あとが楽だ。つぎに「コリント人への第一の手紙」+「英語」で、「コリント人への第一の手紙」の英語表記を見つける。そしたら、あとは、章と節は、最初の検索でわかっているので、見つけたのがコレ(以下抜粋)。

1 Corinthians (excerpt)

13:4 Love suffereth long, and is kind; love envieth not; love vaunteth not itself, is not puffed up,
13:5 doth not behave itself unseemly, seeketh not its own, is not provoked, taketh not account of evil;
13:6 rejoiceth not in unrighteousness, but rejoiceth with the truth;
13:7 beareth all things, believeth all things, hopeth all things, endureth all things.

ちなみに、日本語訳だと、一般にはこういわれる。

「愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そしてすべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。」(コリント人への第一の手紙13章4~7節)

そういえば、昔、倫理社会の課題作文で、「愛について」書いたことを思い出した。うぁ、ヘンなことをおもいだしちゃったナ。


以下、駄文。
ワタシ自身は、クリスチャンではありません。が、上に書いた、もらった新約聖書を学生時代は時々読んでました。
きっかけは、学生時代に友人のガールフレンドが、そっち系の高校にいっていて、ある時、手紙に「山上の垂訓(マタイによる福音書の有名な一節)」の英語訳を書いてきたらしく、それをワタシに見せて、「この英文ってどんな意味かわかる?」と訊かれたのです。ワタシは聖書の中の一節くさいなとは思いましたが、具体的にはわからなかった。くやしかったので、そのあと、しらみつぶしに読んで探し当てたのでした。

|

« CCCD化の波が止まる? | トップページ | ユニバーサルデザインと多面体 »

「恋愛」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/1476115

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の特質 (characteristic of love):

« CCCD化の波が止まる? | トップページ | ユニバーサルデザインと多面体 »