« ブログサービス百花繚乱 | トップページ | これから出発(モブログ初挑戦) »

加入電話の基本料金と電話局のクラスにメス

先日、加入電話(固定電話)の基本料金と電話局のクラスについて書きましたが、昨日(10/1)、NTT東西からこの基本料金の改定のアナウンス(NTT東日本NTT西日本)がされて、値下げされるようです。基本料金のことを書いたのは、これを予想していた訳ではないんですが、日本テレコムが発表した「おとくライン」とかKDDI の「メタルプラス」に対抗してくるんじゃないか、とはひそかに思ってました。

で、今回のポイントは、


  1. 3つあった電話局の階級を2つに圧縮し、かつ基本料金を値下げ

  2. プッシュホンの付加機能使用料を廃止し、基本料金の体系の中に組み入れた

  3. 県内市外通話料金の一律割引サービスを新設


で、特にプッシュ回線を利用していた人は、概ね400円~500円相当の値下げになりますね。あと、同一県内の近隣エリアにかける機会が多かった人も、従来のエリアプラス/スーパーケンタくんに入らなくてもほぼ同等の割引きがされるようになるみたい(マイラインプラスで登録されていることが前提ですが、エリアプラスではマイラインプラス登録時にも100円かかっていた定額料が無料になってます)。

ウチの場合は、この前晒した(w明細のとおり、スーパーケンタくんに入ってます(マイラインプラス登録してるんで、通常200円かかる定額料もタダ)が、エリアプラスには入ってませんでした。今回の新割引サービスを利用すると、県内市外はシームレスに割り引きされることになって、かつ定額料もかからずお得になります。

日本テレコムの「おとくライン」とかと、かなり拮抗していますので、個人的にはあえて「おとくライン」に乗り換える必要性は希薄のように思います。

ま、現時点でのマイライン or マイラインプラスの登録状況によって、この判断も変わるでしょうね。

#でも、基本料金を下げるとなると、NTTにしてみれば、かなりの減収になるんではないんかな?

|

« ブログサービス百花繚乱 | トップページ | これから出発(モブログ初挑戦) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/1573100

この記事へのトラックバック一覧です: 加入電話の基本料金と電話局のクラスにメス:

« ブログサービス百花繚乱 | トップページ | これから出発(モブログ初挑戦) »