« 宮崎アニメ、あのトラブルの結末 | トップページ | いま、できることは? »

新潟県中越地震におもうこと

私の住んでいるところは、東海地震の警戒地域になっている(駿河湾沿岸からちょっと奥へ入った)ところです。

先日の近畿・東海沖の地震の時も、正直、相当あせりましたが、今回の新潟県中越地震は、かなりの被害で、とてもひとごとでは見られません。東海地震は、私の子供の頃からいわれ続けており、ここ数年はちょっと警戒心がゆるみがちな傾向がありました。いつきてもおかしくないが、いつくるかはわからないという、台風や雷といったものとは違う予測しにくい事象であり、また、状況によっては、生命の危険が突然やってくることも、対応・対策の困難さの要因であると思います。

事前の備え(非常持ち出し準備や避難経路・避難場所の確認等)は、準備しておくことが必要とあらためて認識しました。

ただ、こういった災害発生時の初期段階で、現場での(避難場所にいる避難住民)コミュニティの管理というか運営(ある意味プロジェクト・マネージメントともいえるかもしれない)が、なかなかうまく機能していないように見えます。支援物資の受け入れ管理・配布や避難場所でのさまざまな調整、自治体との折衝など、避難住民の中にも、地域コミュニティのリーダがいるでしょうし、その方たちのリーダシップのもと動いているとは思いますが、もう少し上位でマネージメントする人がいないと、まだしばらく避難生活が長期化しそうな現状では、うまく回らなくなってしまう懸念があります。

阪神・淡路大震災の時にも、そういったマネージメントの必要性が説かれた記憶があります。
今回の場合は、まだパニック状態にあり、だからこそ、被災当事者でない、第三者のマネージメントが必要なのではないかと思います。
たとえが悪いかもしれませんが、肉親が病院で亡くなったとき、病院からの搬送、お通夜、葬儀(会場、香典返し、お寺など手配等)、死亡届けなどの諸々の手続き、準備を、遺族当事者だけでできるでしょうか。
通常、亡くなってから2日くらいですべてをやる必要があるパニック状態になっているはずで、葬儀屋なり、町内会・近所の人たちのチカラを借りて、やっとなんとかやり遂げられるケースが多いのではないでしょうか。

早い段階で、そういった手を打つ・判断を下すことを、上位組織(県、国・政府)がやるべきでしょう。視察ももちろん必要でしょうが、その前に、やるべきことがあるのではないか、と思います。

最後になりましたが、地震の被害にあわれた方々へ、こころよりお見舞い申し上げます。

|

« 宮崎アニメ、あのトラブルの結末 | トップページ | いま、できることは? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/1775061

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県中越地震におもうこと:

» 地が揺れる深い夜に---みんな生き延びよう [BigBan]
うーん、久々に仕事が詰まってしまって追っかけられている。 本当はこんな夜にも少し [続きを読む]

受信: 2004/10/27 01:18

« 宮崎アニメ、あのトラブルの結末 | トップページ | いま、できることは? »