« 雨天決行 | トップページ | アクセスログ解析してみました »

雨の中の大砲を使ったコンサート

「大砲」コンサートのレポート続きです。ちょっと長くなりますが、ご容赦ください。

本当は、昨日のうちに記事をアップするつもりでいたのですが、なんか昨日は疲れてしまって、21時半くらいには帰宅したんですが、23時には寝てしまいました。それで、今日も何かだるくて、アップするのがこの時間になってしまいました。

で、前回、整理券をもらいに行ったときと同じルート(品川-[山手線]-大崎-[埼京線]-池袋)で、池袋まで向かう。待ち合わせ場所にした、東武東上線の改札付近で友人に電話して、無事合流。ちょうど、準急が発車するところだったので、そのままそれに乗り込み、和光市で降りて、もう一度、通知サイトで「実施」することを確認。友人は、「やっぱり『自衛隊』だから、このくらいの天候じゃ関係ないんだよ」と、云ってました。(w

この時点(14:40頃)で、小雨という感じではなく、雨はかなり降っていましたが、徒歩でとりあえず広報センターまで向かいました。前回は、センターに向かって左側の歩道を通りましたが、今回は歩道の幅の広い、右側をとおり、トラックが水溜りを撥ね上げてくるのを回避しつつ、広報センター前に到着。

04-10-30_15-00.jpg    04-10-30_15-01.jpg

まず、センターの中に入って、シャトルバスの乗り場の案内板の矢印にしたがって、1階の展示ルームへ入る。雨だというのに、かなり人がいた。これはみんな「大砲」コンサートを聴きに来た人たち?とか思って、うろうろしていたら、「バスが発車しまーす」という声が聞こえたので、外へ出て、整理券を係りの自衛官の人に渡し、バスへ乗り込む。

04-10-30_15-08.jpg

バスに揺られて、訓練場内を5~6分走ると、演奏会場へ到着。会場には、スタンドが組まれていて、すでに先に到着している人たちが、中央のスタンドに7割くらい入ってました。

ここで、用意してきたカッパを着込み、スタンドのほうへ向かいます。正面左側よりのスタンドの上から3段目くらいの位置に陣取る。友人は、100円くらいで売っているカッパ(というかレインコート?)だったため、ひざ下が隠れず、濡れそうでした。ワタシは、ふつうの雨合羽なんで、大丈夫デシタ。この時15:30くらいで、30分くらい雨が降りしきる中、じっと待つ。ほぼ予定通り、16:00にコンサート開始。来賓の挨拶(代読)があり、そのあと、演奏開始。

演奏曲を、憶えている範囲であげておきます。(演奏順は最初と最後の曲以外は曖昧です)

1) バーンスタイン作曲:「キャンディード」序曲
2) スーザ作曲:「アメリカ野砲隊」(合唱付き)
3) タケカワユキヒデ作曲:「銀河鉄道999(THE GALAXY EXPRESS 999)」
    ↑ 映画版主題歌のほうです
4) (作曲者失念):よさこいソーラン(節)
5) チャイコフスキー作曲:大序曲「1812年」
※あと1曲、いかにも自衛隊っぽい、行進曲があったと思いますが、曲名を忘れてしまいました。

3)の「銀河鉄道999」は、地元、大泉に松本零士が住んでいるということで選曲したようです。会場に本人も来ていて、演奏前に挨拶してました。

大砲は、2)の曲のTrio部分(だったか、コーダ部分)でも使われました。 ワタシは、この曲を知らなかったため、どのタイミングでくるのかわからず、こころの準備がないままいきなりぶっ放され、あわてました。間近で聴くとスゴイとしかいいようがないデス。

そうこうしているうちに、トリの「1812年」が始まりました。テンポがちょっと走ったような感じもありましたが、10分くらい演奏が進んで、いよいよクライマックスの大砲の出番です。ちょうど、その時、なぜか雨脚も強くなってきて、期待感がたかまる。(w

04-10-30_16-33.jpg

雨が強くなり、吹奏楽の演奏が聴きづらかったこともあり、発砲のタイミングが若干遅れていましたが、立て続けにくると、なんか、音っていうよりも、空気が向かってくる感覚ですね。前にオススメで書いた、大砲を使った演奏のCDで予習してましたが、ホンモノは、やっぱり比べ物になりません。迫力というか、次元が違います。
演奏の最後に、4門同時に発砲すると、腹にズシンときました。雨の中、正直寒かったんですが、来た詮(かい)がありました。

04-10-30_16-53.jpg

コンサート時間、約50分。終了後は、とりあえず、また広報センターまでバスで戻るつもりだったのですが、かなりの行列でしばらく待ちになることはあきらかだったので、朝霞駅まで歩いて15分くらいというので、歩くつもりで、友人と「朝霞駅まで歩こう」と話していたら、そこへ親切な男性が声をかけてきて、「クルマで、朝霞駅まで乗せてあげましょうか?」という。「悪いですから」、というと、「一人できたんで、座席は大丈夫ですから」、というので、雨もかなり降っていたため、正直歩いていくのは、ツライなぁと思っていたこともあり、友人と2人、ありがたく乗せてもらいました。

駅までの15分くらいの間、「きょうはどこから来たんですか?」とか「今日のイベントはどうして知ったんですか?」とか訊かれ、乗せてくれた男性は、知り合いに防衛大にいっている人がいるとのことで、それをきっかけにこうしたイベントに行くようになったと云ってました。駅前について、お礼を云い、降りました。
このページを、ご覧にはなってないと思いますが、この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました。

と、いうわけで、なかなか体験できない、貴重なコンサートを堪能しました。(Hi
※ケータイのカメラなんで、写りがイマイチなのは、ユルシテね。

|

« 雨天決行 | トップページ | アクセスログ解析してみました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

始めまして。
あの雨の中行かれたのですね。
整理券持ってたのですが、仕事で行けませんでした。
てっきり中止かと思いましたよ。
寒い中ご苦労様でした。
あーうらやましい。

投稿: わらべ | 2004/11/03 09:35

わらべさん、コメントありがとうございます。
私も、朝から雨が降っていたので、たぶん中止だろうと思っていましたが、「実施」すると告知サイトを見て、慌てました。
当日、雨の中、おそらく1500人~2000人くらいは、聴きにきていたと思います(スタンドの埋まり具合からみて)。
あと、サイト拝見しました。家庭的な雰囲気のお店のようで、地元にあったら、私はお好み焼きが好きなので、行きたくなりますね(静岡県に住んでいるので、ちょっと遠いです)。

投稿: Invoke(本人) | 2004/11/03 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/1822740

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中の大砲を使ったコンサート:

« 雨天決行 | トップページ | アクセスログ解析してみました »