« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

アクセスログ解析の文字化け(いちおう解決)(こうさぎ)

うーたんは、ここでログすればよかった?
きょううーたんは、公開された!
Invokeは、

仕掛かり案件だった、アクセスログ解析の問題点その後について、とりあえず解決したの

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一万回目の夜間飛行

どうも、最近サボリ気味ですが、今朝FMラジオを聴いていてネタを拾ったので、書きますね。

JFN系の朝ワイド番組 "Good Morning! That's Wakeman show"で知ったんですが、Jet Streamが今夜(11/26 0:00)の放送で、10000回目を迎えるそうです(実験放送のFM東海の頃も含めて)。10000万回を記念して、22:00~特別番組も組まれていました。

Jet Streamといえば、FM東京時代からTOKYO FMの看板番組として、多くのリスナーがいるかと思いますが、ワタシも、まだ、民間FM放送局が日本に4局(FM東京、FM愛知、FM大阪、FM福岡)しかない頃、FM東京のJet Streamを聴くのが憧れ(あこがれ)でした。NHK-FMにはない、俗に"FM東京の音"といわれた都会の洗練さを感じさせる独特の"音"のひとつの象徴として、Jet Stream があったんです。

あと、忘れてはならないのが、城達也氏のオープニング・ナレーション。

「遠い地平線が消えて
 ふかぶかとした夜の闇に心を休める時
 はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は
 たゆみない宇宙の営みを告げています

 満天の星をいただくはてしない光の海を
 ゆたかに流れゆく風に心を開けば
 きらめく星座の物語も聞こえてくる
 夜の静寂(しじま)の、何と饒舌なことでしょうか

 光と影の境に消えていったはるかな地平線も
 瞼(まぶた)に浮かんでまいります ...」

このナレーションなくして、Jet Streamではない、ともいえるくらい思い入れがありますネ。

#城達也氏といえば、アニメ映画「銀河鉄道999」のエンディング・ナレーションも忘れられません。遠い日の記憶になってしまったなぁ。(汗

ワタシもこの時間帯にFMを聴くこともなくなってしまい、しばらく遠ざかっていました。今回、久しぶりに、Jet Stream を聴きました(いま、聴きながらコレを書いてます)が、現在のパーソナリティである、伊武雅刀氏は、あの頃の雰囲気を思い出させてくれますネ。

それにしても、37年間も続けてこられたというのは、ある意味奇蹟ともいえます。このご時世にあって、スポンサーも日本航空の一社提供というのが、スゴイです(企業としての良心ともいえるでしょう)。

さて、番組も終わったので、エンディングナレーションを書いて、この記事も終わりとします。

「夜間飛行のジェット機の翼に点滅するランプは
 遠ざかるにつれ次第に星のまたたきと区別がつかなくなります

 お送りしております、この音楽が
 美しく、あなたの夢に、溶け込んでいきますように ...」

参考サイト:
JET STREAM 城達也ナレーションの原詩
JET STREAM 歴代テーマ音楽

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ハウルの戦う理由って何?

「ハウルの動く城」、公開初日の昨日(11/20)、地元の映画館(規模の小さなシネコン風)で初回(9:30~)を観てきました。ホール2つを使って上映してましたが、どちらもほぼ満員のようでした。

この映画、木村拓哉が主人公ハウルの声をアテるということでも、話題になってましたが、ワタシ的には、想像していたよりも違和感はなかったデス。それよりも、もう一人の主人公(どっちがメインかは議論のあるところでしょうが)のソフィーのほうが、違和感アリマシタ(若いときの声)。おばあさんの声は、さすがに年輪を感じさせるモノであっていたんですけど。

ストーリーは、ネタバレになるんで、あまり書けませんが、アチコチに疑問の残ったまま、話が進んでいってしまい、多少すっきりしない印象がありました。原作モノなんで、脚本にする段階でどういう流れを作るか、むずかしいとは思いますけど、いまひとつ消化不良ぎみです(2時間では、まとめきれなかったのか?)。コレは、そう思ったんなら、原作を読め、ということなのかナ?
はっきりいって、ちいさなお子さんには、ストーリーは理解できないかもしれない、と思いマス。(というか、ワタシもあらすじとしてはわかっても、ストーリーとしてはいまひとつ、腑におちないことがあり、納得できてないところがあります)

この映画のテーマとしては、「人はなぜ戦うのか=愛するモノ(恋人、家族、自然、仲間 etc.)を守りたい[自分を守るためというのは本当ではない]=これも一つの愛のかたち」というメッセージを感じましたが、ワタシってあまりに安直でしょうか?(汗
このあたり、ご覧になった方はどう受け取ったんでしょうか。

#カラープレートが黒い時のドアの向こうがどうなっているのか、そこらへんにカギがありそうですケドね。

気がはやい話ですが、DVDがいつ頃出てくるかわかりませんけど、購買動機がいまひとつ高まりませんね。いや、映画館で一度観たくらいじゃ、細かいところ見逃していて、DVDで繰り返し観ないと、ヤッパリダメなのカモしれないです。

#うーん、でも、相変わらず、風の動きとか飛翔感とかの描写がウマイですね。空中を歩くシーンなんか、本当に足元の心許ない感じがしましたョ。そういう点では、宮崎アニメらしいところは、押さえられてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

アクセスログ解析、その後(こうさぎ)

きのうInvokeの、こをアしたかった。
きのううーたんが、Invokeと朝霞にInvokeが新潟へ夕刊みたいな解析した。


*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスログ解析の文字化け(いちおう解決)

仕掛かり案件だった、アクセスログ解析の問題点その後について、とりあえず解決したのでご報告。

まず、問題点のおさらい。

1) 解析ページの文字コードの自動判定がうまくいかない件
2) ダウンロードしたログ上で、アクセス時刻が[00:00:00]になってしまう件
3) 同じくダウンロードしたログ上で、転送バイト数が "-"の件

えーと、原因の簡単な3)から。3)については、これは仕様ですね。こうさぎのサーバ自体が、httpdになっている訳ではないので、どうやっても転送バイト数を知る術がないですから仕方がありませんネ。

次に、2)は、これはおそらく意図的にやっているのか、単にフォーマット変換するプログラムがヘボいのかのどちらかだと思いますが、意図的に[00:00:00]にしている可能性がありそうです。それは、こうさぎのコントロールパネル上で表示する分には、認証を通過した登録者本人がその場でナマのログとかあらかじめ用意された軸で見るだけですが、ダウンロードして高機能なログ解析ツールで解析するとアクセスしたホスト(IP)とアクセス時刻の相関関係や傾向がわかります(今回使用している、Webalizerでは、ここまで高度なことはできません)。また、解析結果が手元に残ります。こういった高度なアクセスログ解析をあまりヨシとしない考えの方もいらっしゃるので、そういう解析の実質的な無効化のため、ダウンロードするファイルには、タイムスタンプをネグっているんではないか、と想像しましたが、穿ち(うがち)すぎデスカ?

#こうさぎのコントロールパネル上では、アクセス時刻が見えるということは、データとしては存在していて、画面表示用にはそれを取り出している訳ですから、ダウンロード用ファイルに取り出せない技術的理由はないはずです。それでも、実際にはタイムスタンプをネグっているのだから、意図的にやっているのではないか、と考えるわけです。

というわけで、あまり厳密な解析をするつもりもないので、いま自宅サーバ上で公開している解析ページには、アクセス元のホスト名(もしくはIPアドレス)のリスト表示をやめました。時系列のアクセス数、アクセス上位のURLのリスト、Entry/ExitのURLのリスト、リファラーのリスト、頻度の高い検索文字列のリスト、ユーザエージェントの種類、国別リストだけにしました。

最後に、1)の文字化けの件ですが、いちおう解決しました。

直接の原因は、WWWサーバソフトとして thttpd を使用しているんですが、その設定ファイル、thttpd.confで、charset="Shift_JIS" としていたため、HTTPヘッダ上で、charset(エンコーディング)情報が"Shift_JIS"として渡ってくるようになっていました。ブラウザ側では、HTTPヘッダの情報を解釈してエンコードを"Shift_JIS"と判定していて、文字化けが発生していたのです。

解決策としては、thttpd.conf で、charset="" として、明示的に指定しないようにしました。また、文字化け対策用のEUC-JP固有の漢字コードを埋め込むように、webalizer.conf の HTMLHead 文のコメントアウトをはずし、設定しなおしました。具体的には、

HTMLHead  <!--\xfd\xfe-->
※ ("\xfd\xfe"は、直接、16進コードで 0xfd 0xfeのバイナリコードを埋め込んであります)

という文を追加して、<META>タグで指定していたcharset="x-euc-jp"はやめました。
この文字化け対策については、次のところを参考にしました(今回は、Yahoo Japanでの対策方法を流用させてもらいました)。

・Yahoo! JAPANが実施している文字化け対策
・文字化けしないようにするには
・「美乳」で文字化けが直るって本当?

#「美乳」はさすがにアレなんで、3番目の記事にあるコード表をじーっと見て、「収入増理屈」という組み合わせを見つけましたけど、 0xfd 0xfe のほうがピンポイントで特異点にあたるので、今回は使いませんでした。

これで、一番気にかかっていた、文字化けは解消できたハズなので、これにて、クローズとします。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨天決行(こうさぎ)

きょううーたんは沿岸に採取したいなぁ。
きょううーたんは機能したかった。
うーたんは新潟にInvokeと朝霞へ採取したいです。
きょうは(するはずだったの。
きのううーたんが、(したいなぁ。
Invokeは、

雨の中、朝霞まで行ってきました。
朝から雨だったのですが、

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は何の日?

続けて、今日の本ネタ。

たまたま、会社帰りのラジオ(このあいだ書いた、コミュニティFMの雑談番組)で知ったんですが、今日(11/11)って、何の日か知ってますか?

ポッキーとプリッツの日」なんだそうです。なんでも、この日は、特別なCMが流れるらしいです。グリコのサイトのTV-CMのページには、新作CMのことは載ってましたが、コレがそうなのかな?

ちなみに、この「ポッキーとプリッツの日」は、日本記念日協会(こんな協会があるなんて、知らなかったョ)の認定を受けているもので、いわばオーソライズされたものとのこと。日本記念日協会の「今日の記念日」のサイトにも、ちゃんと出てきます。ちなみに、ほかにも「サッカーの日」とか「おりがみの日」とかの記念日にもなっているのがわかります。

で、最近のポッキー事情がよくわかってないんで、グリコのポッキーのページへ行ったら、いろいろ増えてますね。バナナポッキーとかココナッツミルクポッキーは見たことないなぁ。地域限定なのかも。
ワタシが買うのは、ノーマル(赤箱)、メンズポッキー(緑箱)とか、ポッキーG、ポッキーGのイチゴ版(ピンク箱)あたりですね。シンプルな昔ながらのポッキー系が好きなので、デコレ系は、あんまり買ったことないです。

#ちなみに、ワタシは、ポッキー派です。franとか、Toppoの同系統の他社商品もありますが、どうもあまり食指がのびませんねぇ。

今日のCMがスペシャルかどうか、もし、ご覧になった方がいらっしゃったら、あつかましいですが、この記事にコメントいただけるとウレシイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとSP2対応したNAV2002/2003

えーと、ちょっとサボってしまったんで、まずは、小ネタから。

Windows XP SP2、9月上旬に公開されてから、約2ヶ月くらいたった、本日(11/10)、やっと、Norton Anti Virus(NAV) 2002/2003も、Windows XP SP2から導入された、セキュリティセンターに対応したようです。

今日、たまたま、ウィルスパターンファイルが更新されたので、LiveUpdateをやったらば、"Client Core Module"と、"Norton WMI Update"が更新リストに出てきました。おぅ、これはひょっとすると、引き延ばしされていた、SP2対応のモジュールかな?、と思ったところ、ビンゴでした。

確認したマシンは、Windows XP Home Edition SP2に、Norton SystemWorks 2002(NAV 2002相当)を入れてあるんですが、以前は、セキュリティセンターで正しく認識できず、自分で管理するチェックをオンにしていました。今日のLiveUpdate後は、このチェックをオフにしても、正しく認識できるようになりました。まぁ、どっちにしろ、表示上の問題で、実質的にはあまり意味がないものですけどネ。でも、これでスッキリ。SP2で気になっていたことが一つ解決。

というわけで、Norton Anti Virus 2002/2003(もしくは、Norton Internet Security 2002/2003とかNorton SystemWorks 2002/2003)を使っていて、Windows XP SP2を適用したあと、セキュリティセンターの表示に対応してなくて、気になっていた人は、LiveUpdateすれば、解消できます。
どのみち、パターンファイルも先日新種のウィルスが出たものに対応して更新されているので、LiveUpdateは、すぐ*すべき*ですね。なお、LiveUpdateは何も更新されなくなるまで、複数回実行する必要がありますので、ご注意を。

#時々、ウィルス対策ソフトをいれずに使っている人を、掲示板とかで見かけますが、いまのインターネット・パソコン環境では、丸腰で戦場へ向かうようなものです。また、パターンファイルの更新をやっていないケースもあるようですが、それは、道具(武器)の手入れをせずにいるのと同じで、いざというときに、役に立ちませんョ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理系人間の成分分析

また、あちこちのサイトを斜め読みしていて、ちょっと面白そうなところを見つけました。

転職情報サイトである、「リクナビNEXT」のサブサイトに、「Tech総研」というものがあり、さらにその中に「B級プロジェクト支援室」というページがあります。このブログをご覧になってる方の中にも、すでに転職情報なんかをウォッチしている方や、理系の方でご存知の方もいるかもしれません。

#いま頃知ったというワタシは、これでも一応理系人間のはしくれですが、情報収集能力が低いデス。(Hi 

さて、この「B級プロジェクト支援室」には、これまでに28のレポートが掲載されているんですが、ワタシ的にオススメというか、ウケタものは、以下の記事ですね。ちなみに、右側の2つは、読者の評価点(平均)と、標準偏差デス。(w


  1. ■「理科少年には3つのタイプがある」の法則 03/03/26 72.7点 26.0
  2. ■凝固!? エンジニア的合コントーク実況中継 03/04/16 53.6点 49.4

  3. ■暴走!?エンジニア的合コントーク実況中継! 03/06/11 54.8点 49.6
  4. ■エンジニア沿線ウォッチング(南武線の巻) 03/06/25 67.1点 35.9

  5. ■エンジニア沿線ウォッチング(新横浜の巻) 03/08/20 74.2点 32.7
  6. ■教えるって超気持ちイイ☆エンジニア大集合 04/11/03 79.8点 12.3

※本当は、上にあげた記事すべてにリンクを張りたいんですが、記事ごとに可否が明示されているため、リンクのない記事は、「B級プロジェクト支援室」のページの下のほうにあるリストから探してくださいネ。

1.は、今回のこのブログのネタのキッカケにしようと思ったものです。理系人間の幼少の頃(理科少年)のタイプを、「工作型」「博物型」「計算型」の3つに区分し、さらにそれぞれのタイプを「スキル系」と「創造系」に分けて考察しています。
ちなみに、ワタシは、「博物型-スキル系」と「工作型-スキル系」が半々ぐらいと自己診断シマシタ。

2.と3.は、百戦錬磨のOL合コン隊と、理系エンジニア読者選抜チームが実際に合コンした時のレポートです。(推奨BGM:広瀬香美「ロマンスの神様」。この曲ってよくよく聴いたら、女性視点の合コンを題材にしたシチュエーション・ソングだったんですね)
これには、ツッコミのコメントがところどころ入っているんですが、その内容がイタイというか、理系人間のツボにはまりまくり。コメント自体もテクニカルターム頻出で、それがまた絶妙な使いかたなので、ウケました。

4.と5.は、ワタシが以前、勤務地としていたエリアなんで、ちょっとなつかしい感じがしました。南武線沿線のところには、5~6年くらい前にいましたし、新横浜は、つい1年くらい前までいました。(あ、念のため、ワタシの会社がわかっても、何もイイコトはありませんョ。)。新横浜も、ビックカメラができたり、最近はワタシの地元のディスカウントストアのEspotが進出したりで、結構いろんなモノができてますね。ただ、アリーナとか横浜国際総合競技場とかで、イベントやサッカーがあると、駅前がスゴイことになるのには、閉口しましたネ。

6.は、教え上手かどうかは別にして、自分もそういう傾向はあるなぁ、と思ったので、ちょっと興味があって読みました。なんか、自分ひとりで知っているのが、もったいないというか、教えることで、知識の整理(長期記憶化)もできるし、そんなにイヤだとは思わないですね。でも、ワタシもまわりのヒトに教えてもらうことは多いですケド(まわりも理系人間が多いせいか?)。

というわけで、理系ではない方には、理系のヒトってどんな生態なんだろう、ということを知る読み物としては面白いと思います。また、理系のヒトも、自分を客観的に見るとこんな風に見えるという、きっかけにはなるでしょう。
あと、奥さん・恋人のいるヒトは、

■残業の言い訳☆妻・彼女の激辛ジャッジ 04/08/04 70.4点 30.0

というレポートは、必見デス。(w

おまけ:
恋愛系については、以下のサイトにも関連するコラムがありますので、こちらも興味があればどうぞ。
MYCOM PCWEB 内 「理系のための恋愛論」(連載中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四日間の奇蹟」も映画化

ちょっと見かけた映画の話題。
なんとなく、昨日の夕刊(11/06付け)のラテ欄を見ようとしたら、石田ゆり子の大きなアップの広告が。

四日間の奇蹟」が、映画化されるようです。来春公開予定らしい。宝島社のこの本のページを見に行ったけど、まだ、詳しい情報はないようデス。

この本、東野圭吾の「秘密」と非常に似通った設定が使われているので、評価が分かれているようだ(上にリンクしたAmazonの書評を参照)。ワタシの個人的な感想としては、「秘密」のストーリーは、奥行きがあるが、読者に救いを与えない(読了後も、気持ちのやり場の落としどころを与えることをしない)のに対して、「四日間の奇蹟」は、途中展開が想像できることもあり、あまり深みはないが、読者に気持ちの落としどころを示して、終わる。言い換えれば、「秘密」は読者を突き放して断ち切ってしまうことで、読者に読了後もやりきれない気持ちの残留感を味あわせていて、「四日間の奇蹟」は、予定調和の結末を示すことで、読者にカタルシスを与えている、といえるかもしれません。

そういえば、このところ、「世界 の中心で、愛をさけぶ」とか、いま公開中の「いま、会いにゆきます」や、「SWING GIRLS」とか、邦画では東宝系が話題作を出しているような気がします(たまたま、ワタシが気になるものがそうだ、というだけかもしれませんが)。
もうじき公開される「ハウルの動く城」も東宝系ですネ。

映画はDVDで鑑賞することが多いですが、やっぱり映画館のあの空気感を味わいに、時々は行きたいモノです(映画の日が狙い目なんですけど、なかなか休みがとれません)。今年は、あと何回くらい映画館へ足を運べるかナ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

電車男の本、発売(品川駅編)(こうさぎ)

きのう、Invokeの書籍とか容赦したかもー。
きょううーたんは、ことかログする?
Invokeで、(したいです。


*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスログ解析、その後

えーと、アクセスログ解析の続きです。

一つ前の記事で、こうさぎの機能で採取するログの形式について書きましたが、ちょっと整理してみました。


  1. こうさぎのコントロールパネルの画面で、「生ログ」を表示させた場合は、アクセス時刻は正しく表示される

  2. 同じく「先月のログをダウンロード」で、ファイルに落としてくると、アクセス時刻は[00:00:00]になってしまう

  3. 2.で落としたログファイルのフォーマットは、CLF(Common Log Format)もどきで、そのままでは、Apache系のログ解析ツールでは正しく解析できない(はず)。

ここで、1.と2.でアクセス時刻の表示に食い違いがありますが、いつものワタシの勝手な想像すると、アクセスログ自体は、おそらくデータベース(RDB系もしくはXML-DB系)に記録していて、そこから、PHPで画面用にレンダリングしたり、ダウンロード用にフォーマット整形している、と考えたんですが、どうなんでしょうか。

あと、3.のログフォーマットですが、他のWWWサーバでのログと見比べて、なんとなく原因がわかりました。

【ApacheなどのCLF形式】

192.168.1.10 - - [29/Aug/2004:13:07:45 +0900] "GET / HTTP/1.1" 200 4110 "-" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)"

【こうさぎからファイルに落とした直後のログ形式】

192.168.1.10 - - [28/August/2004:00:00:00] "http://invoke.cocolog-nifty.com/blog/2004/08/" 200 - "http://app.cocolog-nifty.com/t/comments" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)"

【CLFに近づけるため、一部加工したあとの状態】

192.168.1.10 - - [28/Aug/2004:00:00:00 +0900] "GET http://invoke.cocolog-nifty.com/blog/2004/08/ HTTP/1.0" 200 - "http://app.cocolog-nifty.com/t/comments" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)"

折りかえってしまっているのでわかりづらいですが、相違点としては、

1) 日時の「月」の表記が異なる(こうさぎのログは、フルスペル)
2) 日時の後ろに「タイムゾーン」の表記がない
3) HTTPのメソッド(GETとかHEADとか)の表記がない、また、HTTPのプロトコルバージョンの表記もない
4) HTTPレスポンスコード(200)の後ろに、転送バイト数がない(ハイフン "-")

のあたりが異なりますネ。

というわけで、上記の手直し(加工)をしたログを再度、解析ツールへかけて、作り直しましたので、リンク先の内容も前回よりは多少マシになっているハズです。
ただし、検索キーワードの順位テーブルのところ、本来は、EUC-JPの文字コードなんですが、ブラウザの文字コード判定がうまくいかなくて、文字化けしてしまいます。ブラウザのエンコードの設定を再度自動判定するか、日本語(EUC)に設定してもらえば、見えるようになります(それでも一部は文字化けするかもしれないけど)。

一応、<META>タグで、charset="x-euc-jp" を<HEAD>タグの中に入れてあるんですが、どうも効いてないみたいです。これは、WebalizerがDebian標準の英語版なんで、日本語化したバイナリを作らないとダメかも。もしくは、perlのJcodeで、文字コード変換(フィルタ)を通しておくやり方をとる必要がありそう。

ちょっと、継続案件とします。(w


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセスログ解析してみました

8/5にこうさぎを設置して、はや3ヶ月がたとうとしていますが、こうさぎの機能でアクセスログの採取を設定してあったのを思い出し、ツールでちょっとログ解析をしてみました。

解析ツールは、元々自宅WWWサーバで使っている、Webalizer 2.0.1-10 です。
とりあえず、サイドバーのアクセスカウンターの下に、リンクを貼っておきますので、興味があればどうぞ。
(リンク先は、自宅で運用している非力マシンのサーバなんで、反応が遅いのは許してくださいネ)

ただ、こうさぎの採取しているアクセスログでは、アクセス時刻がすべて、[00:00:00]になってしまっているのと、ログフォーマットが、デファクトスタンダードである、clf(Common Log Format)形式とは微妙に違うため、一部手直ししてからツールへ流しています。それでも、まだ、アクセスURLのところがうまく解析できてないようで、全部ルートになってしまってます。これについても、おいおい直していくつもりデス。

ログを見ていて、9月、10月とアクセス数が徐々に伸びていますが、検索サイト経由が圧倒的に多いです。キーワードは、「玄箱 adjtimex」とか「結婚式 BGM」とかで探してくるケースが大半で、このブログが多少なりともお役にたっていればよいのですが、どうでしょう?

ともあれ、3700オーバーのアクセス数は、ご覧になっている皆さまのおかげです。ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »