« アクセスログ解析、その後(こうさぎ) | トップページ | 一万回目の夜間飛行 »

ハウルの戦う理由って何?

「ハウルの動く城」、公開初日の昨日(11/20)、地元の映画館(規模の小さなシネコン風)で初回(9:30~)を観てきました。ホール2つを使って上映してましたが、どちらもほぼ満員のようでした。

この映画、木村拓哉が主人公ハウルの声をアテるということでも、話題になってましたが、ワタシ的には、想像していたよりも違和感はなかったデス。それよりも、もう一人の主人公(どっちがメインかは議論のあるところでしょうが)のソフィーのほうが、違和感アリマシタ(若いときの声)。おばあさんの声は、さすがに年輪を感じさせるモノであっていたんですけど。

ストーリーは、ネタバレになるんで、あまり書けませんが、アチコチに疑問の残ったまま、話が進んでいってしまい、多少すっきりしない印象がありました。原作モノなんで、脚本にする段階でどういう流れを作るか、むずかしいとは思いますけど、いまひとつ消化不良ぎみです(2時間では、まとめきれなかったのか?)。コレは、そう思ったんなら、原作を読め、ということなのかナ?
はっきりいって、ちいさなお子さんには、ストーリーは理解できないかもしれない、と思いマス。(というか、ワタシもあらすじとしてはわかっても、ストーリーとしてはいまひとつ、腑におちないことがあり、納得できてないところがあります)

この映画のテーマとしては、「人はなぜ戦うのか=愛するモノ(恋人、家族、自然、仲間 etc.)を守りたい[自分を守るためというのは本当ではない]=これも一つの愛のかたち」というメッセージを感じましたが、ワタシってあまりに安直でしょうか?(汗
このあたり、ご覧になった方はどう受け取ったんでしょうか。

#カラープレートが黒い時のドアの向こうがどうなっているのか、そこらへんにカギがありそうですケドね。

気がはやい話ですが、DVDがいつ頃出てくるかわかりませんけど、購買動機がいまひとつ高まりませんね。いや、映画館で一度観たくらいじゃ、細かいところ見逃していて、DVDで繰り返し観ないと、ヤッパリダメなのカモしれないです。

#うーん、でも、相変わらず、風の動きとか飛翔感とかの描写がウマイですね。空中を歩くシーンなんか、本当に足元の心許ない感じがしましたョ。そういう点では、宮崎アニメらしいところは、押さえられてますね。

|

« アクセスログ解析、その後(こうさぎ) | トップページ | 一万回目の夜間飛行 »

「恋愛」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/2027094

この記事へのトラックバック一覧です: ハウルの戦う理由って何?:

» 『ハウルの動く城』感想 ※ネタばれ注意 [タダで空を飛びたいOLの実験]
何のかんの言って宮崎アニメはほとんど映画館で観ているので、キムタクハウルに抵抗を感じつつも、結局行ってきた。 ・・・え〜やん。え〜やんキムタク! ちゃん... [続きを読む]

受信: 2004/11/22 00:05

» ハウルの動く城 [Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』]
ジャンル 宮崎アニメ テイスト - ディテール - ギミック - 解説 - URL http://www.howl-movie.com/ クオリティ ★☆☆☆☆ ... [続きを読む]

受信: 2005/10/07 15:12

« アクセスログ解析、その後(こうさぎ) | トップページ | 一万回目の夜間飛行 »