« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

20.1インチがやってきた(こうさぎ)

きょううーたんがここへ初日が公開するはずだった。
きょううーたんがInvokeは仕事されたみたい…
うーたんはInvokeと現実みたいな帰宅するつもりだった?
Invokeは、

思いがけず、ネタが降ってきました。
(w先日、DELLのメール会員特別キャンペー

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーヒーローと家族の憂鬱(こうさぎ)

きのうはInvokeはここでハウルするはずだったの。
Invokeで、仕事すればよかった?
きょううーたんが映画館はgooする?
きのう、液晶みたいな帰宅するはずだったみたい。


*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一万回目の夜間飛行(こうさぎ)

きのううーたんが、Invokeが蔵をメールされた!
Invokeは、

どうも、最近サボリ気味ですが、今朝FMラジオを聴いていてネタを拾ったので、書きま

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

feed meterを設置してみた

えーと、まず、このあいだ届いた液晶モニタの設置は、なんとか終わりました。
時間がとれたら、レポート(というほどのモノでもないですけど)あらためて書きますので、ご容赦。(ペコリ)

で、今回は、「feed meter」というオモシロそうなものがあるというのを、いつものネタ元「やじうまWatch」で知りまして、早速、設置してみました。

サイドバーに設置するやり方は、基本的には「こうさぎ」の時とほぼ同じです(と思います)。
#最悪、ソース見てもらえばわかると思うんですが、ちょっとハズカシイので、どこかやり方を書いてあるところを探していただいたほうがよいかも。

まぁ、設置したといっても自己満足でしかないんですけどね。(星1つ、緑のインジケータ1個だし Hi)

ここのところ、こういったブログ向けの小物アプリ(ツール?)類がでてくるのは、ブログがある程度広まってきているからなんでしょうね(ブログサービスもかなり増えましたし)。

今後もいろいろツールが出てきそうデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅天女の行方(こうさぎ)

うーたんがInvokeはネタみたいな)♪
うーたんは、Invokeのネタが意味するはずだったの。
Invokeは、

gooメールのメールボックスをチェックしに行ったついでに、gooブログの新着情報

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大人の翼」が飛び立つ日

ある意味、起きてほしくなかったことが現実になってしまった。(悲

PC Watchの記事で知ったんですけど、
NHKのニュース10でも、取り上げられてましたが、IBMがパソコン事業を、中国「Lenovo」(聯想集団)に売却することが正式に決まったようです。

ワタシのところにも、ThinkPad X31と、自宅サーバで使っている、ThinkPad 230Cs×2台があるんですけど、これのサポートはちゃんと新会社に引き継がれるんだろうか。特に、X31は、延長保証サービス(昔のEMS相当のサービス)に入っていて、あと3年弱有効期限あるんですよネ。

あと、IBMのオンラインサポートは、ワタシが知る限り、どのPCメーカーと比べても最強で、いまでも、TP230のBIOSやドライバ類がちゃんと入手できるし、オプションハードウェアのマニュアルやドライバ類もちゃんとオンラインで入手できます。PCハードウェアのメンテナンスマニュアルまでも、オンライン公開されていて、国産の某F,N,T,So,社などとは、基本的に考え方が違いますね。

あと、ThinkVantageと銘打った独自の取り組み、それを実現するハードウェアとソフトウェアも、ワタシには魅力のひとつだったんですが、こういったところもキチンと受け継いでいってほしいなぁ。

ThinkPadは、デザインは無骨ですが、それが逆に流行り廃りとは無縁な信頼を印象づけたと思っていて、ある意味もつことにアイデンティティーとかステイタスを感じていたというか、させるようなコンセプト戦略もあったと思う。
そのひとつのカタチが、「大人の翼」とキャッチフレーズに表れているように思うんですけど。

ThinkPadのユーザとしては、あの3色のIBMロゴのエンブレムがついたマシンがこれからはなくなるかと思うと、寂しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20.1インチがやってきた

思いがけず、ネタが降ってきました。(w

先日、DELLのメール会員特別キャンペーンで、20.1インチの液晶モニタ(UltraSharp(TM) 2001FP HAS)が、7万円を切る価格(税込: 69,825円 <送料無料>)で買えると知り、2日ばかり迷ったのですが、12/1の夜(0:00過ぎ)に、思い切ってインターネットで注文してしまいました。

しかし、クレジット決済の審査に2~3営業日かかり、その後に正式注文となる旨のメールが届いたきり、ナシのつぶてだったのです。こりゃいったいどうなってんの?と、明日(12/08)あたり、DELLに連絡してみようと思っていた矢先、帰宅すると、「なにかデカい段ボールの荷物が届いてるよ!?」といわれ、部屋に入ると、見覚えのある、DELLのロゴの箱がドーンとありました。


2001FP_BOX.JPG

こちらのサイトにある写真とは、ハコが若干違ってますね。

ちなみに、テーブルを見ると、DELLからの注文確認票のハガキも届いていたんですが、「オイオイ、注文確認票の送付と同時にモノが届いちゃったョ」と、ウレシイやら、こんなんでイイのか?と、心配になったり。
伝票の日付を見ると、12/3に注文確定、12/6に発送、12/7に到着、という感じデス。

現在、SAMSUNGの17インチの液晶モニタ(SyncMaster 171Np)をディスプレイアームに取り付けて使用しているのですが、もうひとつ、ディスプレイアーム(5~6000円の安いヤツ)を買ってきて、そちらにSAMSUNGを付け替えて、SAMSUNGがついていたアーム(オカムラ製 G-FREE)にDELLのモニタをつけることにし、当面はデュアルモニタにするつもりでいます。

といいつつ、まだハコから出してないんで、ドット欠けチェックや映り具合についてはコレからです。
しばらく、残業で遅くなりそうなんで、週末まではセッティングはちょっとムリかも。どのみち、アームも買いに行かなきゃならないし。(Hi あとで、また、簡単なレビューも書きますネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーヒーローと家族の憂鬱

えーと、今週は少しは挽回しておくつもりで、書くネタがあるうちに書いてしまおう。(汗

先週の土曜日(12/4)、Disney & PIXARの「Mr.インクレディブル」を観てきました。この前、「ハウルの動く城」のときに、予告編を観て、コレは面白そうだなぁ、と思ってたんで、初日でしたが、夕方(17:10)からの回でかつ、字幕版だったこともあり、あまり混まずに観られマシタ。

ストーリーはネタバレになりそうなんで、あまり書かないでおきますが、ふと思ったこと。

スーパーヒーローってやっぱり特殊な職場(というのか?)なんで、出会いが少ないのかな?奥さんになる、Elasty Girlとは、いってみれば、職場結婚みたいなモノでしょう?ま、逆にフツーの人だと、理解されるのに苦労しそうですけどネ。

で、やっぱり両親がスーパーヒーローだと、生まれてくる子供も特殊な能力を持っているわけです。ということは、特殊な能力は遺伝するということになりますが、この能力のせいで、子供たちもいろいろと苦労しているし。正体がバレるたびに、引越しを余儀なくされる生活、能力を使うことを抑えつけられて欲求不満になったり、逆に能力のせいで普通のヒトになりたい、と鬱になったり。でも、あるトラブルをきっかけに、目的を共有して家族がまとまっていく。そういう意味で、これは家族ひとり一人の自分さがしともいえるカモしれない、と思いマシタ。

そういうことを抜きにしても、純粋にエンターテイメントとして楽しめる映画です。ひさびさにディズニー系映画を観ましたが、テンポがよく、途中飽きることもなく、あっという間に約2時間がたっていました。ちいさなお子さんには、「ハウル」よりも、こちらをオススメしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

500万個の瞬き

ちょっと前に仕入れたネタですが、このままほっておくと、お蔵入りになりそうなんで、書きますね。(Hi

12月に入ってから、だんだん寒くなってきて、それと同時に空気も澄んできましたので、時々思い出したように星空を眺めることが増えてきました。ただ、都会だと周りの明かりが邪魔して空が明るくなってしまい、星を見るにはあまりよい環境ではないかもしれません。

#ワタシの住んでいるところは、イナカなので、10分くらい歩けば、街灯もない一面田圃だらけの場所があり、「星空を眺めるには」、わりとよいところカモ。

あと、今月は、12/13夜~12/14未明にかけて、ふたご座流星群の極大日があり、ちょっと気になってたりシマス。

それで、特に天文に興味があるというほどでもないんですが、少し前のどこかの記事で、世界で最高レベルのプラネタリウムが常設展示される、というのを読んで、ぜひ見たいなぁと思っていたんですが、先月の終わりくらいに、やっと見ることができました。

ご存知の方も多いかと思いますが、「MEGASTAR-II cosmos(メガスターII コスモス)」というプラネタリウムが、お台場の日本科学未来館に今年の7月から常設展示されています。このプラネタリウムは、大平 貴之さんが個人で開発した、メガスターをベースに改良されたもので、500万個の恒星を投影できるそうです。
また、12月22日からは、さらにチューニングされて、より明るくリアリティーが増す改良を加えたバージョンアップ版になるようです。ワタシが見たプログラムは約30分弱ですが、眺めているうちに途中ウトウトしてしまい、ちょっともったいなかったかな。

ここのプラネタリウムは、天の川を本当の天の川と同じように、たくさんの小さな星を投影することで見えるようになっていて、ちょっと新鮮な感じがしました。リクライニングできる座席を倒して、ほとんど野原で仰向けになって星空を眺める感覚で見られるんで、むかーし、学生の時に、夏の合宿で夜の合奏練習が終わったあと、ペルセウス座流星群を、友人たちとグラウンドに仰向けになって見ていたのを思い出したりしました。

ちょっと星に興味があれば、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


あと、日本科学未来館は、宇宙飛行士の「毛利 衛」さんが館長であることでも知られていて、このプラネタリウムのほかにも、理系の人間には興味を惹く面白い展示が多くあります。ワタシが行ったのは土曜日の午後だったので、小学生・中学生の見学者がかなりいました。ちょうど、たまたま近くにいた、中学生くらいの女の子が、ウィルスと細菌の違いを、インタープリタ(展示解説員をこう呼ぶ)の人に熱心に質問していたのが印象的でしたね。近頃の学生の理工系離れが危惧されているなか、こうした施設もそういった興味をもつ機会のひとつとして、どんどん活用されていってほしい、と理系のワタシは願っていますョ。

館内は結構展示物があり、ときどきミニ講演イベントとかアトラクションがあったりして、午後からの数時間では見きれないくらいです。吹き抜けゾーンに浮かぶLEDパネルをはり合わせた地球儀(Geo-Cosmos)を眺めているだけでもあっという間に30分くらいは過ぎていきますネ。上野の国立科学博物館も理系人間には面白い博物館ですが、こっちのほうが、より最先端のものに触れることができるのと、インタープリタへの素朴な疑問とかわす会話もふつうの博物館にはない、おもしろいところでしょう。

ちなみに、友の会に入ると、年会費 個人会員1000円、家族会員だと2000円で、1年間入場フリーパスになるので、友の会に入会しておきました(通常、入館料は大人500円)。また、バージョンアップしたあとの、メガスターを見にいくつもりデス。

参考サイト:
  日本科学未来館ホームページ
  メガスターホームページ
  つるちゃんのプラネタリウム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅天女の行方

gooメールのメールボックスをチェックしに行ったついでに、gooブログの新着情報を見ていて知った話題。
 →HIROMIさんの「教室生き物日記【最近ハムスター日記】」

「ガラカメ」こと、「ガラスの仮面」の待望の42巻が発売されるそうです。

少女マンガというと、男性にはあまり馴染みがない方もいると思いますが、ワタシはオトコですけど、妹がいたため、小学生の頃から少女マンガを読んでいたので、あまり抵抗がナイデス。(w 姉妹のいる男性の場合は、結構そういうものに抵抗がなかったりしませんか?ただ、オンナの人が少年マンガ系を読んでも、あまりどうということは言われないのに対して、オトコが少女マンガ系を読んでいると、変な目で見られるのは、どんなもんなんでしょう?ま、割と開き直って読んでますけど。(ヘンなヤツとは思われたくはないんですが...)(汗

で、「生徒諸君!」とか「はみだしっ子」とか「イティハーサ」とか「Papa told me」とか「あさきゆめみし」とか「SWAN」など、妹が結婚するまでは、妹が読んだお下がりをリアルタイムで読んでました(汗。

そうしたマンガのひとつに、「ガラスの仮面」があったんですが、もうだいぶ前から中断していて、続きが再開されるのを期待していました。ちなみに文庫版を現時点で出ているものはすべて揃えました。文庫版の最後に出た巻でさえ、もう数年前になるくらい、ずーっと止まっていて、もうこれは、未完のまま終わってしまうのではないか、という危惧がありましたが、やっと続きを読めるようです。妹も好きだったマンガなので、教えておこうっと。12/16が楽しみデス。

#そういえば、上に挙げた「生徒諸君!」の続編(先生編)が、いま連載中(単行本も3巻くらい出ている)らしいですね。こんど地元にある、マンガ専門の本屋(結構広い)でチェックしてこよう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ガリレオ温度計

また、しばらくサボってしまいましたが、ココのところ仕事が忙しく、帰宅しても疲れて記事を書く気力がちょっと減退してマシタ。
昨日会社で同じフロアの別の部署のヒトと話していて、ネタを仕入れてきたので、一週間ぶりの更新デス(汗。

さて、唐突ですが、皆さんの家(もしくは部屋)には、寒暖計ってありますか?

特に寒暖計ということでなくて、エアコンのリモコンについている、温度センサーの表示を寒暖計がわりにしている、というケースもあるかもしれませんね。

ワタシの家では、貯金をしたときにJAバンクからもらったサービス品のちゃちな寒暖計(湿度計つき)を、居間(和室なので、リビングとはいえません w)の柱に掛けてあります。こういうモノって、なければそんなに気にもとめないのでしょうが、あればそれなりに「いま何度かなぁー?」と気になったりするものです。

で、昨日話していたヒトは、最近、「ガリレオ温度計」を買ったんだそうです。
なぜ、欲しくなったのかは訊けませんでしたが、ネットで検索して大体の相場を見て、近所のホームセンターにあったモノを買って、実用というよりもインテリアとして楽しんでいる、とのことでした。実際、Yahoo!ショッピングなどでは、インテリア小物のカテゴリにあったりしますネ。

「ガリレオ温度計」って、普通の寒暖計とは違い、測定できる温度範囲が狭くて、下は14度ぐらい、上は32度くらい(どちらも摂氏)までで、夏場はともかく、冬はちょっと実用的ではないかもしれない代物?です。上のリンク先のページを見てもらうとわかりますが、ガラスのシリンダーの中に浮き子というガラス玉が浮いています。原理は、こちらのページに説明があります(物理が苦手なヒトは、理解しにくいカモ?)。
どうも、会社で別のヒトにも聞いたらば、ちょっと前に流行ったらしいですが、最近もそこそこ人気があるらしく、検索エンジンで「ガリレオ温度計」を検索すると数百件くらいはヒットします。

気になるお値段は、大きさにもよりますが、2000円から4000円弱くらいですね。ただ、こちらのドイツ製は、ちょっとお高めですナ。

浮き子のガラス玉中の液体もカラフルになっていて、見た目も結構キレイなんで、ワタシも欲しくなりました。(Hi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「四日間の奇蹟」も映画化(こうさぎ)

きのうは会社はラテされたみたい…
きょうは、ここまでInvokeとここにうさぎみたいな(するはずだったみたい。
Invokeは、

ちょっと見かけた映画の話題。
なんとなく、昨日の夕刊(11/06付け)のラテ欄を

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「うーたん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »