« 500万個の瞬き | トップページ | 20.1インチがやってきた »

スーパーヒーローと家族の憂鬱

えーと、今週は少しは挽回しておくつもりで、書くネタがあるうちに書いてしまおう。(汗

先週の土曜日(12/4)、Disney & PIXARの「Mr.インクレディブル」を観てきました。この前、「ハウルの動く城」のときに、予告編を観て、コレは面白そうだなぁ、と思ってたんで、初日でしたが、夕方(17:10)からの回でかつ、字幕版だったこともあり、あまり混まずに観られマシタ。

ストーリーはネタバレになりそうなんで、あまり書かないでおきますが、ふと思ったこと。

スーパーヒーローってやっぱり特殊な職場(というのか?)なんで、出会いが少ないのかな?奥さんになる、Elasty Girlとは、いってみれば、職場結婚みたいなモノでしょう?ま、逆にフツーの人だと、理解されるのに苦労しそうですけどネ。

で、やっぱり両親がスーパーヒーローだと、生まれてくる子供も特殊な能力を持っているわけです。ということは、特殊な能力は遺伝するということになりますが、この能力のせいで、子供たちもいろいろと苦労しているし。正体がバレるたびに、引越しを余儀なくされる生活、能力を使うことを抑えつけられて欲求不満になったり、逆に能力のせいで普通のヒトになりたい、と鬱になったり。でも、あるトラブルをきっかけに、目的を共有して家族がまとまっていく。そういう意味で、これは家族ひとり一人の自分さがしともいえるカモしれない、と思いマシタ。

そういうことを抜きにしても、純粋にエンターテイメントとして楽しめる映画です。ひさびさにディズニー系映画を観ましたが、テンポがよく、途中飽きることもなく、あっという間に約2時間がたっていました。ちいさなお子さんには、「ハウル」よりも、こちらをオススメしておきます。

|

« 500万個の瞬き | トップページ | 20.1インチがやってきた »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/2176145

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーヒーローと家族の憂鬱:

» Mr.インクレディブル [::: あしたはあたしの風が吹く :::]
11月27日(土)先行上映で【Mr.インクレディブル】をダーと観に行った。なんとなーくアニメは日本語吹き替え版が観たかったけど、ダーが「字幕」を選んだのでしょう... [続きを読む]

受信: 2004/12/07 15:02

» Mr.インクレディブル [(売れないシナリオライター)KAZZの呟き!]
KAZZのこの映画の評価  やっぱり、ピクサーは凄い3Dアニメって言うのかな 映像が凄い 今回のピクサーの最新作、”Mr.インクレディブル”を見て来ま... [続きを読む]

受信: 2004/12/07 22:57

» 試写会/映画(Mr.インクレディブル/ディズニー&ピクサーアニメ) [h_m_55’s diary]
昨日試写会で見た『Mr.インクレディブル』の感想。 感想:最近の中では一番のできです。インクレディブル一家のスーパーパワーいいなぁ。父は怪力&タフネス・母はゴ... [続きを読む]

受信: 2004/12/08 21:49

» THE INCREDIBLES(Mr.インクレディブル) [CH@OS STEP]
スーパー・ヒーローの黄金時代。正義のために戦う彼らは、人々の尊敬と憧れの的だった。だがその桁ちがいのパワーは社会に損害を与えることも多く、ついに政府はスーパー・... [続きを読む]

受信: 2005/01/19 13:44

» 「ミスター・インクレディブル」(劇場:東急シネマズ横浜) [なつきの日記風(ぽいもの)]
英雄だった人々、英雄に成れるはずだった子供達、英雄に成りたかった男、見事なのはCGだけじゃなく、脚本。巧さと楽しさを満喫すべし。 原題:「the Incr... [続きを読む]

受信: 2005/02/17 18:01

« 500万個の瞬き | トップページ | 20.1インチがやってきた »