« 2001FP HASのセッティングしました | トップページ | 500万個の瞬き(こうさぎ) »

ブラック・ジャックのアンソロジー

えーと、朝、通勤時の京浜東北線で、中吊り広告をながめていたら、ヤングチャンピオンの広告があって、立原あゆみがブラック・ジャックを描いたらしい。もう、そんなの遅れてるといわれそうですが、そんなことになっているとは、まったく知りませんでしたょ。(やっぱりどうも情報アンテナの感度が鈍いですナ >オレ)
ブラック・ジャックといえば、手塚治虫の代表作ですが、秋田書店のサイトへいったらば、こんなページがあったんで、もうだいぶ前から、この企画をやってたらしいですね。秋田書店もいいカネヅルを拾い上げてきたものですナ。

でも、立原あゆみというと、最近は「本気!」とか「JINGI(仁義)」とかの任侠もの系のマンガを描いてますが、私としては、古くは「麦ちゃんのヰタ・セクスアリス」、ちょっと新しくて「桜桃物語」のイメージがあります(やっぱり少女マンガ系なのか >オレ)。特に「麦ちゃんの・・・」は、コバルト文庫だったので、当時自分では買うことができず、妹に買って(買わせたともいう?)もらい読んでました。

そうかぁ、チャンピオン系はぜんぜんチェックしてなかったんだけど、上にリンクしたページを見ると、かなり色んな作家さんに描いてもらっているようです。このシリーズ、ブラック・ジャックアンソロジーとして複数の雑誌のものをまとめて単行本化してもらいたいデス。

|

« 2001FP HASのセッティングしました | トップページ | 500万個の瞬き(こうさぎ) »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/2566878

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ジャックのアンソロジー:

« 2001FP HASのセッティングしました | トップページ | 500万個の瞬き(こうさぎ) »