« パソコン通信の終幕 | トップページ | こうさぎがメジャーデビュー!?(BlogPet) »

CD屋での邂逅

今日は、CD屋へ定期巡回の日なので、あまり遅くならないように仕事を切り上げ、会社帰りにCD屋へ寄りました。

いつものごとく、特にコレ!といったものがあったわけではなく、プラプラと店頭のRecommendコーナーから、順にCD棚をなめていったんですけど、オジサン・オバサン向けのコーナー(要するに'70年代~'80年代くらいのJ-Pop?の棚)に、さだまさしのソロになって初期の3枚のアルバムが再発されているのを見つけました。本当は、明日というか今日(2/23)発売のようですが、1日早く陳列してありました。
どれも、WARNER時代のもので、当時は、ElectraレーベルからLPがでていました。(まだ、Free Flightレーベルがない頃のもの)

  • 帰去来‥‥1976年初出

  • 風見鶏‥‥1977年初出

  • 私花集(アンソロジィ)‥‥1978年初出

この3枚ともLPを所有してますが、もうすでにレコードを聴く環境がなくなってしまったため、モノはあるのに、聴けないという状態でしたので、CD化を久しく待ち望んでいたのです。(当時カセットテープにダビングしたものもあるけど、もうテープがワカメかもしれない Hi)

これらは、グレープ解散後、ソロ活動をはじめた初期のものですが、この3枚で「さだまさし」の色がある程度固まったように、思います。あと、「風見鶏」と「私花集」は、ジャケットのイラスト(装丁)も印象的で、どちらも少女の佇む(たたずむ)姿が描かれています。

今回の再発盤は、DSD(Direct Stream Digital)でリマスタリングされていて、30年近く前の録音ながら、音の透明度が上がったような気がします。また、ボーナストラックとして、「風見鶏」には「雨やどり」が、「私花集」には、「檸檬」と「加速度」のシングルバージョンが収録されています。

これらのアルバムを聴いていた頃は、まだ中学生だったわけですが、その頃聴いていた印象がその後もずーっと残っていて、最近、聴きたい願望が募ってきていたところだったので、グッドタイミングでした。たぶん、ファンの方なら、初期のアルバムの中でのオススメ候補は、この「私花集」か「夢供養」じゃないかと思うくらい、代表曲が目白押しです。

通勤時に聴くためにMDに落とそう、とSonic Stageでリッピングしたところ、さすがに発売日前のせいか、CD DBには、まだデータがありませんでした。仕方がないので、手入力しましたが、データが蓄積されているってことは、誰かがデータを入力した訳で、あらためて普段何気なく使っている情報のありがたさを痛感。

さぁ、早速、明日からしばらくはこの3枚を聴きこみするつもりです。

※2005.02.24 23:25 追記:
この初期3枚のアルバム、すでにCD化はされていたんですね。Amazonで検索したら、今回の発売のもの以前のやつがHitして、気づきました。そうかぁ、結構初期のアルバムってCD化されているんだなぁ。こんど、夢供養を探してみよう(「木根川橋」が聴きたくなったょ)。

|

« パソコン通信の終幕 | トップページ | こうさぎがメジャーデビュー!?(BlogPet) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/3041756

この記事へのトラックバック一覧です: CD屋での邂逅:

« パソコン通信の終幕 | トップページ | こうさぎがメジャーデビュー!?(BlogPet) »