« 最近買ったマンガ(その2)~理想と虚像 | トップページ | 時間という間、空間という間(容疑者 室井慎次) »

クラシックCDにもコンピレーションの波

#今回は、音楽のちょっとした話題です。

ここ数年、音楽CDのマーケットでは、コンピレーションCD(Compilation CD)がかなり目立つなぁ、というか、ブーム?と個人的に思っているのですが、最近は、クラシックCDの世界でも、この波が来ているようです。
ただ、昔はこういう編集モノって、「オムニバス盤」っていっていたかと思いますが、いつ頃から「コンピレーション」なんていう、小洒落た呼び名になったんでしょうか(w。

以前、1980年代に流行った Hooked on Classic の時は、クラシックをポップスにアレンジしてメドレー化したものでしたが、いまあるコンピレーションCDは、アレンジせず基本的に原曲(の抜粋)そのままをテーマに沿って集約してありますね。まぁ、過去にも似たようなアプローチはあって、アダージョ・カラヤンもこのパターンでしょう(「カラヤンの演奏」+「アダージョ(Adagio)系の音楽」というテーマに絞ってあります)。

今回のブーム?のきっかけを作ったのは、英EMIの「BEST CLASSICS 100」でしょう。これの4月に発売された国内盤では、CD 6枚組で3000円という、圧倒的な C/P(コスト・パフォーマンス) で、ベスト・セラーになっているようです。その後、シリーズ化もされて、「ベスト・ピアノ100」とか「ベスト・モーツァルト100」なんかも出てきてますね。

このヒットの要因として、個人的には、

  • 「演奏が有名どころで水準以上の演奏という点(これは基本でしょう)」、

  • 「従来のオムニバス盤にありがちだった尻切れとんぼが少ないこと(もちろん、フェードアウトの曲もあります)」、

  • 「パッケージデザインが、シンプル&白・パステル調の色使いが女性受けしやすいと思われる」、

  • 「クラシックを使った音楽療法的な話題がTVで取り上げられたり、『のだめカンタービレ』のような音楽マンガの人気も背景にありそう」
あたりなのでは?と思っています。

このヒットをみて、最近クラシック系レーベルの大御所、UNIVERSAL CLASSICS(旧ポリグラム系:DG, PHILIPS, DECCAがココです)とか、あと、こういう流行りにはめざといAVEXも、2匹目?3匹目?のドジョウを狙って、参入してきてますね。
UNIVERSALからは、「どこかで聴いたクラシック ベスト101」、AVEXからは「100曲モーツァルト 」が出ていますけど、UNIVERSALは旧ポリグラム系の有名どころの過去の膨大な音源を使える強みがあるのに対して、AVEXのほうは、そういったバックボーンがないためか物量作戦(10枚組10時間で3000円)で、差別化を図ってきたようです(w。

こういったコンピレーションCD、クラシック音楽のファンからは敬遠されがちですが、ワタシは、クラシックの世界へ引き込む道具としては、一定の効果があるかもしれないなぁ、と思っています。それは、ポップス系のコンピレーションCDを買った人たちが、オリジナルのCDへと流れていくのなら、クラシックだってそういった流れはあるように思うからです。だいたい、クラシック音楽って主流は18世紀後半~19世紀につくられたものですけど、それをいまでも世界中に多くの愛好家がいて聴かれている・新たな演奏者/指揮者がどんどん出てくるという事実は、単なる懐古趣味や骨董的な興味からだけで聴かれている・演奏されているのではない、はずです。長い時間をかけて、淘汰されたあとに残った、まさに時代を越えた音楽なのですから、現代のひとたちにも、心の琴線に触れるものがあると思っています(なんかエラそうに語ってますネ>ヲレ)。

そういうあまりクラシックを知らない、興味がなかった人には、まずこれでお気に入りの曲を見つけてほしいなぁ、と思います。
#個人的には、管弦楽曲よりも器楽曲(ピアノとか弦楽器、管楽器系)のほうが、とっつきやすいように感じます。

(2005.09.03 一部文章修正)

参考:

  1. Amazon.co.jp:ベスト・クラシック100

  2. Amazon.co.jp:ベスト・ピアノ100

  3. Amazon.co.jp:ベスト・モーツァルト100

  4. Amazon.co.jp:どこかで聴いたクラシック ベスト101

  5. Amazon.co.jp:100曲モーツァルト

|

« 最近買ったマンガ(その2)~理想と虚像 | トップページ | 時間という間、空間という間(容疑者 室井慎次) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17908/5761379

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックCDにもコンピレーションの波:

« 最近買ったマンガ(その2)~理想と虚像 | トップページ | 時間という間、空間という間(容疑者 室井慎次) »