時間という間、空間という間(容疑者 室井慎次)

#また、映画を観てきたので、ちょっとした感想デス。

踊る大捜査線のサイドストーリー・シリーズの前作「交渉人 真下正義」は、結局映画館で観ずに終わってしまったのですが、今回の「容疑者 室井慎次」は、そのタイトルの「容疑者」に若干のひっかかりをおぼえたことと、田中麗奈の弁護士役というのもどんな感じなのか興味があったので、昨日(9/3)の夜22:45からの回を観てきました。

ちょうど昨日は、「NANA」の公開初日ということもあり、いつになくヤング(死語?w)系のヒトが多くて、ちょっとした行列ができていてビックリ。まぁ、でも「容疑者 室井慎次」のほうも、約260人のホールに半分くらいは入っていたんで、ソコソコの入りだったと思います。

今作、巷(ちまた)のブログとかの記事を読むと、あまり評判がよくないみたいですが、ワタシ個人的には、それほど退屈な内容でもなかったし、最後まで集中力が途切れず観られました。
たしかに、発端になった事件のスケールが小さいとか、犯人の動機がふざけてるとか、あまり笑いを誘うシーンがなく楽しくないとか、いろいろ不満要素はありますけど、ワタシ自身は特に踊る大捜査線の本流と同じ期待をしていた訳ではなく、別物としての前提で観たのでそれほど気になりませんでした。

で、観ていて思ったのは、この作品のキーポイントは、「間(ま)」の演出じゃないのかなぁ、と。時間という軸、空間という軸で、室井 慎次という人となり対してアプローチしているように感じましたが、やっぱり安直な見方かなぁ(w。個人的には田中麗奈演じる小原と喫茶店で過去の恋人とのことを語るシーン、小原が店を出たあとのひとりになった室井のオフショットなんかは、そういう意味で印象的でした。あと、印象的な台詞(せりふ)だったのは、柄本 明が演じる津田弁護士が小原に語る、「キミには、勇気がある。室井さんも勇気を持っている人だ。人は勇気をひとつしかもてない。ワタシは勇気を捨てて(or 失くして?)しまった。室井さんが、勇気を持ち続けているのは、それが取り替えのきかないものだと、知っているからだろう」(台詞の言い回しは、うろ覚えなんで、こんな感じだったということで。ツッコミはご勘弁を)というものでした。

#なんか、あまりいい評価の記事を見かけないのですが、ワタシの感性はおかしいのかなぁ?でも、文章にも行間を読むという捉え方があるように、映像でもそういう捉え方があるように思うのですけどね。
#個人的には、この前みた「宇宙戦争」よりは、評価がたかいので、OKとしてます。

結局、踊る大捜査線の本流が好きで、そういったものを期待しているのなら、あまりオススメしません。

| | トラックバック (5)

「恋のマイヤヒ」、「巫女みこナース」ときて「めざせモスクワ」へ

#えーと、今日で5日連続ですが、そろそろ息切れが...(w
#今回はちょっとオタねた(&K18)かも...なのでこっち系統がダメな方は飛ばしてクダサイ。

最近は、2ch文化が一般の人の目につくようになってきました。「電車男」の書籍化・映画化・マンガ化・TVドラマ化なんてのは、露出しすぎという気もしますが、近頃も「恋のマイヤヒ」のFlashを収録した盤がCD屋の陳列棚を賑わしてたりしますね。で、ちょっと前から気になっているCMがあります。

コレです。→ dwango いろメロミックス

2chの掲示板(スレッド)の書込み風エントリがスクロールする演出がされていますが、注目すべきはそこではなくて使われているBGMのほうです(Hi。制作者サイドは、確信犯的に購買層へのアプローチ手法としてこの曲をとったんでしょう。
2ch方面では、通称「電波ソング(デムパソング)」とよばれるカテゴリに属する、一時期、breakした曲ですが、これってK18ゲームのオープニングタイトルソングなんですネ。数ある電波ソングの中でも、この曲はいろいろな意味で完成度が高くて、最初に聴いたときは、カルチャーショックを受けました(w。
ちなみに、本家ゲームのサイトは、K18なんで、「巫女みこナース +特集ページの残骸」とかのキーワードでググって見つけてください(18歳未満の方はご遠慮くださいネ)。で、Flashもいくつかあるんですが、個人的に一番のHitは、「あずまんが大王のキャラに巫女みこナースを歌わせてみるフラッシュ Ver2」でした(諸般の事情で、現在は削除されてます)。
#ひょっとすると、「きゅるるんkissでジャンボ♪♪」とか使う新作が出たりして、エスカレートしないだろうな。>dwango

で、このまとめサイトからリンクをたどっていったら、チューネン娘。(http://soulfruit.seesaa.net/)さんのところで、たまたま、ジンギスカンの「めざせモスクワ」の空耳バージョンのFlashを見つけました。
→ 耳から離れニャい~ part3 (チューネン娘。)
Flashは、こちらがオリジナルのサイトのようです。→ もすかう
こちらも、まとめサイトができているので、そっちから辿ると吉です。
もすかう教(狂)

個人的には、「マイヤヒ」よりも、こっちの「もすかう」のほうが、みていてオモシロイ(ジンギスカンの6人のメンバーをなぞったキャラクターの踊りが秀逸)。

「マイヤヒ」の次は、「もすかう」がくるかも?(avexが2匹目のどじょうを狙ってるかもしれないゾ?)


参考サイト:


  1. 笑える電波ソングを集めるガイドライン

  2. みこみこナース FLASHまとめ

  3. http://takureihp.hp.infoseek.co.jp/Flash.html (このページにリンクがあったけど、現在削除されている) あずまんが大王のキャラに巫女みこナースを歌わせてみるフラッシュ Ver2

  4. もすかう

  5. もすかう教(狂)

| | トラックバック (8)

And then it spun tale about next generation.

#本記事は、本当はSTARWARS Episode III を観たあとに書きかけてあったものに、ちょっと「宇宙戦争」の観た内容を補筆してアップします。

しばらく更新していなかった間にも、映画はとりあえず、STARWARS Episode 3 "Revenge of Sith"と、War of The Worlds の2本は観ました。STARWARSは、実は先々行公開の時に、夜中の3時の回を観に行ったんですが、50~60人くらいはいましたね(もうちょっと空いているのかと思っていたのに)。

で、STARWARSのほうは、最初からどういう結末になるのかは分かっているという、ちょっと不思議な感覚がありました。このあとのストーリー(Episode IV)へとちゃんとつながることをあらためて確認できた、というか、確認しに観に行ったようなもんですね。これを観ると、Episode IV~VI が観たくなりますよね。まだ、TRILOGY BOX持ってかったんで、この際と思い、買っちゃいました (Hi。
ただ、前三部作は、公開当時に映画館で観たので、その時の思い入れのバイアスがかかっていることを差し引くと、純粋に今の人たちが観て、面白く感じるのかどうかは、疑問符がつきますね。それは、今の人は、Episode I から順番に観ることもできる訳で、Episode IV~VIを観たあと、Episode I~IIIを観ているワタシたちとは、感じ方も違うんではないのかなぁ。
それでも、STARWARSが、名作なのは事実でしょう(時代を超えて、新たな世代に向けても名作と言い切れるかどうかは自信なし)。ただある意味、古典の範疇に入りつつあるのかもしれないと思いました。

そしてもう一本の、「宇宙戦争」ですけど、ブログとか映画系のサイトのインプレを読むと、どうにもB級映画ぽくて、まあ元々の話も荒唐無稽なストーリーなんで、割り切って観ることにしました。ちょうど、映画館のポイントカードがたまっていて、一回分タダで観られるのを使って観たから、直接フトコロが痛まなかったからヨシとします。
肝心のストーリーは、あってないようなもので、設定も説明不足な面があり、なんだかよくわからないうちに、家族愛みたいなテーマが出てきてます。ストーリーのコンセプトとしては、いかにもアメリカの家族のパターンと思える(ように意図的に設定されている?)ひとつの家族のドキュメント風に描かれているように見えました。
個人的に見所だったのは、踏切を疾走する「燃える列車」のシーン、群衆の中にクルマが入ってしまい取り囲まれるシーンとか、容赦なく人間が殺されるシーン、でした。
まぁ、「インディペンデンス・デイ」のような、あまりにできすぎな米軍賛美にはなってないのは救いでしたね。
ただ、映画冒頭の前フリをちゃんと観ていないと、最後のオチにつながらなくなってしまい、まったく意味不明な映画になる気がします。

あと、本編の前にキングコングのリメイク版のPreview Trailerが流れたのを見たら、こいつはちょっと期待してしまいました。
あー、あとは、地元の映画館だと「Zガンダム」今週で終わってしまうらしいので、金曜の夜にでも観てこようかなぁ、とか考えています。

| | トラックバック (1)

make a fresh start in life. (BATMAN BEGINS)

えーと、書きそびれていましたが、おとといの日曜日(6/19)に、"BATMAN BEGINS" を観てきました(もちろん、字幕版)。

ちょうど、土曜から日曜にかけて、オールナイトでやっていて、深夜0:00以降の回だとナイト料金で1000円になるので、最後の(?)、明け方 5:30からの回を観ようと、眠い目をこすりつつ、クルマで地元の映画館(シネコンもどき)へ向かいました。さすがにこの時間だと、貸し切り状態かな?と思っていたらば、ワタシのほかにもあと2人観にきてましたョ。(前に、"The Aviator"を 早朝 6:00からの回で観たときは、正に貸し切り状態でした (w。 )

今回の前に制作されている、BATMANの映画は、基本的に観ていないので(TVでやったヤツはちょっとだけ観た記憶アリですが)、変な先入観がなくて観ることができて、結果オーライだったかも。渡辺謙が出演しているということでも話題になってましたが、ストーリー上の存在意義がいまひとつだった気がします。

ネタバレになりそうなので、あまり内容のことは書けませんが、主人公ブルース・ウェインの少年時代にあった両親殺害事件のせいで、自分を責め続けて相当なトラウマになっていたのを、吹っ切ることができたのは、主人公自身の努力も、もちろんありますが、周囲の身近な人たちのさりげない、けれど、あたたかい眼差しが支えていたように感じました。映画のタイトルは、"BATMAN BEGINS"となっていますが、ブルースからBATMANへの生まれ変わり(新生)を描いたものという解釈をしましたが、見方が浅いかモ...
そういう意味で、本記事のタイトルには、"make a fresh start in life"をあげてみました("reborn" とか、"born again" とかと同じ「生まれ変わる」という意味合いで使われるようです)。

cf. You can make a fresh start in life. → 人生はやり直しができます。

さて、今週末は、いよいよ、"STARWARS Episode 3" の先々行ロードショーですが、地元の映画館ではやるのかなぁ。来週末は、「宇宙戦争」があるし、大作モノが出そろってきますね。どちらも観たいと思ってますが、混みそうだなぁ。(Hi

| | トラックバック (0)

The Phantom of The Opera

なんか、久しぶりの更新です。

キャッシュカードが割れてしまって、ATMの内部にひっかかりそうでヤバイので、年次休暇を取って再発行手続きに行ってきました。土曜日が休みになってから、不便ですよね。こういう窓口じゃないと対応できない用件だと。

で、今日(2/1)は、映画の日でした。1000円で観られるので、(計画的に、この日を選んだともいう)、年末に「ターミナル」を見たときに、ポスターが貼ってあるのを見て、コレ観たいなぁと思っていた、「オペラ座の怪人」を観てきました。
さすがに、映画の日ということは、皆さん知っているので、平日というわりには、土曜日くらいのヒトが来ていて、250人くらい入るホールでしたが、7割りくらいは席が埋まっていました。
(こんなオジサンが、こんなミュージカル映画観るのォ?、って感じのヒト(ヲレ?)もいましたが、圧倒的に、女性が多かった)

内容は、あまりに有名なミュージカルなんで、割愛します。というか、ワタシは田舎に住んでいて、本当のミュージカル(舞台)を観たことないんで、書くのがあつかましいくらいですから。
とりあえず、関連ページを書いておきますね。

映画の公式ページ → 「オペラ座の怪人
劇団四季のステージガイド → 「オペラ座の怪人

で、主役の3人(クリスティーヌ、ファントム、ラウル)は、この映画の基盤ともいえる歌唱力があり、適役だったと思います。こういった、ミュージカル映画だと、演技と歌唱は別々(所謂吹き替え)のケースが多いですけど、公式ページによれば、主役3人は、吹き替えなし、らしいデス。クリスティーヌ役の娘は、最初は、あまりパッとしない印象でしたが、ストーリーが進むにつれ、存在感が増してきて、不思議な魅力があります(個人的な印象デス)。

音楽は、フルオーケストラ用にリアレンジされているみたいで、物語冒頭、有名なパイプオルガンのパッセージがある"Overture"から、"The Music of the Night", "Angel of Music", "The Phantom of the Opera", "All I ask of you", "Point of No Return"など、どの曲もさすが、舞台でロングランを続ける作品だけあり、印象に残るものばかりです。ミュージカルが好きなヒトには、舞台がホンモノで、映画はマガイモノ的な見方をされることもあるようですが、この映画も、ひとつの作品として、十分鑑賞に堪えるクォリティだと思います。
もともと、この映画の製作動機には、ミュージカルの舞台に観に行けないヒトからも、この作品を観たいという声があり、そういった人たちにも観てもらいたい、というものがあったようです。その意味では、その意図は果たしているといえるでしょう(少なくとも、ワタシや今日映画を見ていたヒトたちには)。

ただ、オペラ座という設定ですから、劇中劇は、当然オペラ(とバレエ)なんで、オペラ独特の歌唱法(コロラトゥーラ・ソプラノ)とかに馴染みがないと、ちょっとツライかも。さっき書いた、ちょっと、異質な感じがしたオジサンも、こういったシーンでは、ヘンな咳払いをしたり、トイレにたったりで、きっと退屈していたんでしょう。
ワタシは、いちおうクラシック音楽好きですし(ぉ、オペラも、モーツァルト、ロッシーニ、ワーグナーくらいはLDで観たり、もちろんCDも聴いたりしますので、抵抗はなかったデス。

最後に、この物語のオペラ座って、昔のパリのオペラ座(オペラ・ガルニエ)が舞台ってことですよね。たしか、オペラ座って、バスチーユに新しく建てて(オペラ・バスチーユ)移ったんではなかったかと。どちらも国立歌劇場でしたっけ。

と、いうわけで、この映画、ミュージカルの「オペラ座の怪人」を観たことがない人、ミュージカル(セリフから突然歌いだす、という事象)に違和感を抱かない人には、オススメします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーヒーローと家族の憂鬱

えーと、今週は少しは挽回しておくつもりで、書くネタがあるうちに書いてしまおう。(汗

先週の土曜日(12/4)、Disney & PIXARの「Mr.インクレディブル」を観てきました。この前、「ハウルの動く城」のときに、予告編を観て、コレは面白そうだなぁ、と思ってたんで、初日でしたが、夕方(17:10)からの回でかつ、字幕版だったこともあり、あまり混まずに観られマシタ。

ストーリーはネタバレになりそうなんで、あまり書かないでおきますが、ふと思ったこと。

スーパーヒーローってやっぱり特殊な職場(というのか?)なんで、出会いが少ないのかな?奥さんになる、Elasty Girlとは、いってみれば、職場結婚みたいなモノでしょう?ま、逆にフツーの人だと、理解されるのに苦労しそうですけどネ。

で、やっぱり両親がスーパーヒーローだと、生まれてくる子供も特殊な能力を持っているわけです。ということは、特殊な能力は遺伝するということになりますが、この能力のせいで、子供たちもいろいろと苦労しているし。正体がバレるたびに、引越しを余儀なくされる生活、能力を使うことを抑えつけられて欲求不満になったり、逆に能力のせいで普通のヒトになりたい、と鬱になったり。でも、あるトラブルをきっかけに、目的を共有して家族がまとまっていく。そういう意味で、これは家族ひとり一人の自分さがしともいえるカモしれない、と思いマシタ。

そういうことを抜きにしても、純粋にエンターテイメントとして楽しめる映画です。ひさびさにディズニー系映画を観ましたが、テンポがよく、途中飽きることもなく、あっという間に約2時間がたっていました。ちいさなお子さんには、「ハウル」よりも、こちらをオススメしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ハウルの戦う理由って何?

「ハウルの動く城」、公開初日の昨日(11/20)、地元の映画館(規模の小さなシネコン風)で初回(9:30~)を観てきました。ホール2つを使って上映してましたが、どちらもほぼ満員のようでした。

この映画、木村拓哉が主人公ハウルの声をアテるということでも、話題になってましたが、ワタシ的には、想像していたよりも違和感はなかったデス。それよりも、もう一人の主人公(どっちがメインかは議論のあるところでしょうが)のソフィーのほうが、違和感アリマシタ(若いときの声)。おばあさんの声は、さすがに年輪を感じさせるモノであっていたんですけど。

ストーリーは、ネタバレになるんで、あまり書けませんが、アチコチに疑問の残ったまま、話が進んでいってしまい、多少すっきりしない印象がありました。原作モノなんで、脚本にする段階でどういう流れを作るか、むずかしいとは思いますけど、いまひとつ消化不良ぎみです(2時間では、まとめきれなかったのか?)。コレは、そう思ったんなら、原作を読め、ということなのかナ?
はっきりいって、ちいさなお子さんには、ストーリーは理解できないかもしれない、と思いマス。(というか、ワタシもあらすじとしてはわかっても、ストーリーとしてはいまひとつ、腑におちないことがあり、納得できてないところがあります)

この映画のテーマとしては、「人はなぜ戦うのか=愛するモノ(恋人、家族、自然、仲間 etc.)を守りたい[自分を守るためというのは本当ではない]=これも一つの愛のかたち」というメッセージを感じましたが、ワタシってあまりに安直でしょうか?(汗
このあたり、ご覧になった方はどう受け取ったんでしょうか。

#カラープレートが黒い時のドアの向こうがどうなっているのか、そこらへんにカギがありそうですケドね。

気がはやい話ですが、DVDがいつ頃出てくるかわかりませんけど、購買動機がいまひとつ高まりませんね。いや、映画館で一度観たくらいじゃ、細かいところ見逃していて、DVDで繰り返し観ないと、ヤッパリダメなのカモしれないです。

#うーん、でも、相変わらず、風の動きとか飛翔感とかの描写がウマイですね。空中を歩くシーンなんか、本当に足元の心許ない感じがしましたョ。そういう点では、宮崎アニメらしいところは、押さえられてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「四日間の奇蹟」も映画化

ちょっと見かけた映画の話題。
なんとなく、昨日の夕刊(11/06付け)のラテ欄を見ようとしたら、石田ゆり子の大きなアップの広告が。

四日間の奇蹟」が、映画化されるようです。来春公開予定らしい。宝島社のこの本のページを見に行ったけど、まだ、詳しい情報はないようデス。

この本、東野圭吾の「秘密」と非常に似通った設定が使われているので、評価が分かれているようだ(上にリンクしたAmazonの書評を参照)。ワタシの個人的な感想としては、「秘密」のストーリーは、奥行きがあるが、読者に救いを与えない(読了後も、気持ちのやり場の落としどころを与えることをしない)のに対して、「四日間の奇蹟」は、途中展開が想像できることもあり、あまり深みはないが、読者に気持ちの落としどころを示して、終わる。言い換えれば、「秘密」は読者を突き放して断ち切ってしまうことで、読者に読了後もやりきれない気持ちの残留感を味あわせていて、「四日間の奇蹟」は、予定調和の結末を示すことで、読者にカタルシスを与えている、といえるかもしれません。

そういえば、このところ、「世界 の中心で、愛をさけぶ」とか、いま公開中の「いま、会いにゆきます」や、「SWING GIRLS」とか、邦画では東宝系が話題作を出しているような気がします(たまたま、ワタシが気になるものがそうだ、というだけかもしれませんが)。
もうじき公開される「ハウルの動く城」も東宝系ですネ。

映画はDVDで鑑賞することが多いですが、やっぱり映画館のあの空気感を味わいに、時々は行きたいモノです(映画の日が狙い目なんですけど、なかなか休みがとれません)。今年は、あと何回くらい映画館へ足を運べるかナ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宮崎アニメ、あのトラブルの結末

たまたま見つけた話題。

もうじき、宮崎駿の「ハウルの動く城」も公開される時期になってきましたが、ワタシも前売り鑑賞券をとりあえず買ってきました。CMも流れはじめて、ちょっと期待しています。映画館で宮崎作品を観るのは、「千と千尋の神隠し」以来かな(猫の恩返しは映画館では観ずに、DVDを買って済ました)。サウンドトラック盤も、来月(11/19)に発売されるようです。

で、すっかり忘れていましたが、このあいだ、別件で、独立行政法人 国民生活センター「消費者トラブルメール箱」の集計結果について-平成16年7月~9月分集計結果を見ていたら、「千と千尋の神隠し」のDVDで、色合いが映画と異なる(赤みがかかっている)件の民事訴訟が、9月に和解していたようです。
(元々は、架空請求・不当請求や個人情報の取り扱いのトラブルについての記事を読みたくて見ていた)

結局、「販売会社はDVDの色合いについて購入者に誤解や混乱が生じたことを認め、遺憾の意を表明し、今後映画のDVD版の販売に際しデータ調整した時は明示するなどという内容」で和解したとありました。慰謝料はなかったようです。

映像ソフト化する際に、なんらかの加工(サラウンド系の対応、映像サイズなど)がされることは少なくありませんが、色合いのような実際に観ないとわからないところで、変更があっても購入者は事前にどの程度変化しているのか知る術(すべ)がないのですから(パッケージを開けて、試し鑑賞できるようなサービスが事実上ない)、パッケージにデータ調整の有無が明示されたとしても、根本的には解決しませんね。DVDを購入する場合には、映画を観た人が、映画館での追体験を期待して購入するケースもあるでしょうから、AS IS を求めるのは当然の要望と思います。

私の勝手な想像ですが、この色合いを変更したのは、P2P(WinnyやWinMX等)で流されることを見越して、わざとしたんではないか、と思ったんですが、考えすぎですか?(クォリティダウンさせて、映像としての価値を下げる意図があったんではないかと思うのです)
CCCDと同じく、販売者側の(商業的)勝手な論理で行われたんではないか、という気もしています。

まぁ、今回の訴訟は、ケリがついたので、いまさら外野でどうこういっても始まりませんが、こういったヘンな動きを抑えるには、消費者も敏感になっていないと、ダメ、なんだと感じました。

#いつものことですが、とりとめがない文章でゴメンナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたに会えて~たったひとつのたからもの

ココフラッシュの「書籍・雑誌」カテゴリを見ていて、興味をひいた記事があったので、ちょっと書きます。

少し前に、ニッセイの企業広告「愛する人のために~改札篇~」のことを書きました

ココフラッシュにリストされていた、「本日は晴天なり・・・!?」さんのところで、明治生命(現在は、明治安田生命)の企業広告「たったひとつのたからもの」のことを知りました(ココログフラッシュには、「いま、会いにゆきます」の記事がピックアップされていたんですが、その次のエントリされていた記事が、この記事だった)。

明治安田生命のサイトにいって、ムービーを観ていたら、小田和正の歌う「言葉にできない」がバックに流れるCM、ぼんやりと、以前観た記憶がよみがえってきました。

ある家族の写真が一枚、一枚、スライドされていく。ある夫婦に子供が生まれる。うまれた時の歓喜と感謝の気持ち、、その後つらい宣告を受けたこと、そして一日、一日を精一杯生きる様子。そこに映されている表情は、すごく輝いていて、それが、かえって、いのちの儚さ(はかなさ)を暗示しているようで、胸の奥が締め付けられる。「ただ精一杯生きる」ことが、いかにむずかしいか。生きたくても思いが遂げられない、生きていてほしいのに願いが叶わない、そんな状況におかれることは、誰にも起こりえることなのに、日々の生活に流されている、日常。
「生きる」ってどういうことなのか。「生活」は「生きる」の一部ではあるけれど、本質は何なのか?

簡単には答えが出るモノではないですが、だからこそ、考えることを放棄してしまうのではなく、ココロにとめておきたいテーマだと思います。

マンガ「ブラックジャックによろしく」第3巻、第4巻でも、ダウン症と診断された子供の両親の苦悩、答えのない選択、など、似たような題材が描かれていて、こちらもぜひ一度読んでほしい内容です。

10/26には、芸術祭参加番組でドラマが放映されるようです(日テレ系)。母親役を松田聖子が演じるというのも話題になっているみたいですが、キーマンは、やはり、秋雪くん役でしょうね。こういう話に弱い、家人にはとりあえず教えておこう。

参考サイト:
 「あなたに会えて」シリーズ 2001年度
 「あなたに会えて」シリーズ 2003年度
 ※2001年度のところに、最初に放映された、90秒バージョンがあります。

 ブラックジャックによろしく 第3巻
 ブラックジャックによろしく 第4巻

| | コメント (2) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧