500万個の瞬き

ちょっと前に仕入れたネタですが、このままほっておくと、お蔵入りになりそうなんで、書きますね。(Hi

12月に入ってから、だんだん寒くなってきて、それと同時に空気も澄んできましたので、時々思い出したように星空を眺めることが増えてきました。ただ、都会だと周りの明かりが邪魔して空が明るくなってしまい、星を見るにはあまりよい環境ではないかもしれません。

#ワタシの住んでいるところは、イナカなので、10分くらい歩けば、街灯もない一面田圃だらけの場所があり、「星空を眺めるには」、わりとよいところカモ。

あと、今月は、12/13夜~12/14未明にかけて、ふたご座流星群の極大日があり、ちょっと気になってたりシマス。

それで、特に天文に興味があるというほどでもないんですが、少し前のどこかの記事で、世界で最高レベルのプラネタリウムが常設展示される、というのを読んで、ぜひ見たいなぁと思っていたんですが、先月の終わりくらいに、やっと見ることができました。

ご存知の方も多いかと思いますが、「MEGASTAR-II cosmos(メガスターII コスモス)」というプラネタリウムが、お台場の日本科学未来館に今年の7月から常設展示されています。このプラネタリウムは、大平 貴之さんが個人で開発した、メガスターをベースに改良されたもので、500万個の恒星を投影できるそうです。
また、12月22日からは、さらにチューニングされて、より明るくリアリティーが増す改良を加えたバージョンアップ版になるようです。ワタシが見たプログラムは約30分弱ですが、眺めているうちに途中ウトウトしてしまい、ちょっともったいなかったかな。

ここのプラネタリウムは、天の川を本当の天の川と同じように、たくさんの小さな星を投影することで見えるようになっていて、ちょっと新鮮な感じがしました。リクライニングできる座席を倒して、ほとんど野原で仰向けになって星空を眺める感覚で見られるんで、むかーし、学生の時に、夏の合宿で夜の合奏練習が終わったあと、ペルセウス座流星群を、友人たちとグラウンドに仰向けになって見ていたのを思い出したりしました。

ちょっと星に興味があれば、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


あと、日本科学未来館は、宇宙飛行士の「毛利 衛」さんが館長であることでも知られていて、このプラネタリウムのほかにも、理系の人間には興味を惹く面白い展示が多くあります。ワタシが行ったのは土曜日の午後だったので、小学生・中学生の見学者がかなりいました。ちょうど、たまたま近くにいた、中学生くらいの女の子が、ウィルスと細菌の違いを、インタープリタ(展示解説員をこう呼ぶ)の人に熱心に質問していたのが印象的でしたね。近頃の学生の理工系離れが危惧されているなか、こうした施設もそういった興味をもつ機会のひとつとして、どんどん活用されていってほしい、と理系のワタシは願っていますョ。

館内は結構展示物があり、ときどきミニ講演イベントとかアトラクションがあったりして、午後からの数時間では見きれないくらいです。吹き抜けゾーンに浮かぶLEDパネルをはり合わせた地球儀(Geo-Cosmos)を眺めているだけでもあっという間に30分くらいは過ぎていきますネ。上野の国立科学博物館も理系人間には面白い博物館ですが、こっちのほうが、より最先端のものに触れることができるのと、インタープリタへの素朴な疑問とかわす会話もふつうの博物館にはない、おもしろいところでしょう。

ちなみに、友の会に入ると、年会費 個人会員1000円、家族会員だと2000円で、1年間入場フリーパスになるので、友の会に入会しておきました(通常、入館料は大人500円)。また、バージョンアップしたあとの、メガスターを見にいくつもりデス。

参考サイト:
  日本科学未来館ホームページ
  メガスターホームページ
  つるちゃんのプラネタリウム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガリレオ温度計

また、しばらくサボってしまいましたが、ココのところ仕事が忙しく、帰宅しても疲れて記事を書く気力がちょっと減退してマシタ。
昨日会社で同じフロアの別の部署のヒトと話していて、ネタを仕入れてきたので、一週間ぶりの更新デス(汗。

さて、唐突ですが、皆さんの家(もしくは部屋)には、寒暖計ってありますか?

特に寒暖計ということでなくて、エアコンのリモコンについている、温度センサーの表示を寒暖計がわりにしている、というケースもあるかもしれませんね。

ワタシの家では、貯金をしたときにJAバンクからもらったサービス品のちゃちな寒暖計(湿度計つき)を、居間(和室なので、リビングとはいえません w)の柱に掛けてあります。こういうモノって、なければそんなに気にもとめないのでしょうが、あればそれなりに「いま何度かなぁー?」と気になったりするものです。

で、昨日話していたヒトは、最近、「ガリレオ温度計」を買ったんだそうです。
なぜ、欲しくなったのかは訊けませんでしたが、ネットで検索して大体の相場を見て、近所のホームセンターにあったモノを買って、実用というよりもインテリアとして楽しんでいる、とのことでした。実際、Yahoo!ショッピングなどでは、インテリア小物のカテゴリにあったりしますネ。

「ガリレオ温度計」って、普通の寒暖計とは違い、測定できる温度範囲が狭くて、下は14度ぐらい、上は32度くらい(どちらも摂氏)までで、夏場はともかく、冬はちょっと実用的ではないかもしれない代物?です。上のリンク先のページを見てもらうとわかりますが、ガラスのシリンダーの中に浮き子というガラス玉が浮いています。原理は、こちらのページに説明があります(物理が苦手なヒトは、理解しにくいカモ?)。
どうも、会社で別のヒトにも聞いたらば、ちょっと前に流行ったらしいですが、最近もそこそこ人気があるらしく、検索エンジンで「ガリレオ温度計」を検索すると数百件くらいはヒットします。

気になるお値段は、大きさにもよりますが、2000円から4000円弱くらいですね。ただ、こちらのドイツ製は、ちょっとお高めですナ。

浮き子のガラス玉中の液体もカラフルになっていて、見た目も結構キレイなんで、ワタシも欲しくなりました。(Hi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニバーサルデザインと多面体

ユニバーサルデザインの商品って、最近いろいろ出てますが、身近なものにも結構あるもんですね。

たとえば、シャンプーのボトルの横のギザギザとかもそうらしい。確かに障碍者でなくても、たいてい似たようなデザインのボトルなんで、触ってわかるのは便利です。あと、身近といえば、文房具類ですね。
文房具系のコレクターの方も多いかと思いますが、ワタシも文房具(それも数百円~数千円くらいで買える、日常的な道具としての文具)には、わりと興味があります。

このあいだ、文房具売り場で、前から気になっていたユニバーサルデザインの消しゴムを買ってみました。
定価は、157円(税込み)ですが、85円(税込み)で買いました。ご存じの方も多いと思いますが、コクヨの「カドケシ」というこの商品、リンク先の写真を見てもらうとわかりますが、非常に多くのコーナーがあるのが特徴です。また、コーナーの配置が絶妙で、端のカドが丸くなって小さくなってくると、次のカドがでてくる寸法です。実際使ってみると、細かいところを消すのに重宝します。消しカスも、適度にまとまってくれるので、消した後の掃除もラクですね。

コクヨのサイトにいったら、ほかにもユニバーサルデザインの商品が、色々ありますね。ステープラーなんかも、テコの原理で軽く綴じられそうだし、デザイン的にも面白そう。

そういえば、むかーし、ナツメ出版からBTOOLマガジンという一般向けの文房具を扱った雑誌が、あったんですが、15年くらい前に廃刊になって以来、この手の情報の入手ができず、残念に思ってました。で、今回、こういう文房具の
専門雑誌をググッたら、「月刊文具と事務機」という、いかにも業界向け専門誌しかないようでした。ただ、上記サイトのトップから入ると、ちょっとしたオンラインマガジン的な感じなんで、時々情報をチェックにいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)