ハウルの戦う理由って何?

「ハウルの動く城」、公開初日の昨日(11/20)、地元の映画館(規模の小さなシネコン風)で初回(9:30~)を観てきました。ホール2つを使って上映してましたが、どちらもほぼ満員のようでした。

この映画、木村拓哉が主人公ハウルの声をアテるということでも、話題になってましたが、ワタシ的には、想像していたよりも違和感はなかったデス。それよりも、もう一人の主人公(どっちがメインかは議論のあるところでしょうが)のソフィーのほうが、違和感アリマシタ(若いときの声)。おばあさんの声は、さすがに年輪を感じさせるモノであっていたんですけど。

ストーリーは、ネタバレになるんで、あまり書けませんが、アチコチに疑問の残ったまま、話が進んでいってしまい、多少すっきりしない印象がありました。原作モノなんで、脚本にする段階でどういう流れを作るか、むずかしいとは思いますけど、いまひとつ消化不良ぎみです(2時間では、まとめきれなかったのか?)。コレは、そう思ったんなら、原作を読め、ということなのかナ?
はっきりいって、ちいさなお子さんには、ストーリーは理解できないかもしれない、と思いマス。(というか、ワタシもあらすじとしてはわかっても、ストーリーとしてはいまひとつ、腑におちないことがあり、納得できてないところがあります)

この映画のテーマとしては、「人はなぜ戦うのか=愛するモノ(恋人、家族、自然、仲間 etc.)を守りたい[自分を守るためというのは本当ではない]=これも一つの愛のかたち」というメッセージを感じましたが、ワタシってあまりに安直でしょうか?(汗
このあたり、ご覧になった方はどう受け取ったんでしょうか。

#カラープレートが黒い時のドアの向こうがどうなっているのか、そこらへんにカギがありそうですケドね。

気がはやい話ですが、DVDがいつ頃出てくるかわかりませんけど、購買動機がいまひとつ高まりませんね。いや、映画館で一度観たくらいじゃ、細かいところ見逃していて、DVDで繰り返し観ないと、ヤッパリダメなのカモしれないです。

#うーん、でも、相変わらず、風の動きとか飛翔感とかの描写がウマイですね。空中を歩くシーンなんか、本当に足元の心許ない感じがしましたョ。そういう点では、宮崎アニメらしいところは、押さえられてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

愛の特質 (characteristic of love)

ふと、一昨日出席した従弟の結婚式で牧師(たぶんプロテスタントだったと思う)さんが話した、定番の件(くだり)の英語ってどんなんだっけと、興味をひいたので調べることにした。本当は、高校の時に学生全員に日本ギデオン協会から贈呈された新約聖書があったので(英語訳と日本語訳の対照つき)、それを探したのだけれど、見つからなかった。

そんなワケで、いつものごとく、ググッた。まず、「愛は寛容である」で、聖書の中のどの手紙だったか探す(たしかコリント人への手紙だとはあたりはつけていた)。この時ついでに章と節もわかったので、あとが楽だ。つぎに「コリント人への第一の手紙」+「英語」で、「コリント人への第一の手紙」の英語表記を見つける。そしたら、あとは、章と節は、最初の検索でわかっているので、見つけたのがコレ(以下抜粋)。

1 Corinthians (excerpt)

13:4 Love suffereth long, and is kind; love envieth not; love vaunteth not itself, is not puffed up,
13:5 doth not behave itself unseemly, seeketh not its own, is not provoked, taketh not account of evil;
13:6 rejoiceth not in unrighteousness, but rejoiceth with the truth;
13:7 beareth all things, believeth all things, hopeth all things, endureth all things.

ちなみに、日本語訳だと、一般にはこういわれる。

「愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。そしてすべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。」(コリント人への第一の手紙13章4~7節)

そういえば、昔、倫理社会の課題作文で、「愛について」書いたことを思い出した。うぁ、ヘンなことをおもいだしちゃったナ。


以下、駄文。
ワタシ自身は、クリスチャンではありません。が、上に書いた、もらった新約聖書を学生時代は時々読んでました。
きっかけは、学生時代に友人のガールフレンドが、そっち系の高校にいっていて、ある時、手紙に「山上の垂訓(マタイによる福音書の有名な一節)」の英語訳を書いてきたらしく、それをワタシに見せて、「この英文ってどんな意味かわかる?」と訊かれたのです。ワタシは聖書の中の一節くさいなとは思いましたが、具体的にはわからなかった。くやしかったので、そのあと、しらみつぶしに読んで探し当てたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)